にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターコーチその後

Yo Bros



デンマーーークでの一週間を終えて帰国した男

ユーロスターヨシムです


意外にも、あんなに緊張して飛行機にのった3年前と違い

普通に行って

普通に英語とかデンマーク語とか喋り

普通にセミナーを受け

普通に帰ってきました。


一言で言うと

あれ?こんなもんだったっけ?

というのが大きかったです。



それだけ日本での豊田合成での日々は僕に素晴らしい経験をさせてくれてると思います。

戦術的知識も、トレーニングの組み立て方も、2年前の衝撃よりは小さくなっていましたし、講師のプレゼンに対する
自分の意見も持つようになっていました。

でも、変わらない部分もあります。


一番前の席にすわる(通称本田シート)
質問する
仲良くなる

などなど

この辺は昔と変わらないです。


あまりにも普通に過ぎて行って

デンマークから帰ったその日にチームの練習に参加しました。

自分の部屋に帰ってきたのが18:00
練習開始18:30


でも普通にできました。

別にきついともなんとも思わなかったです。


自分にとって飛行機での長旅を当たり前にしたいっていうのをいい機会に思えたからかもしれません。

人にとっては無理なことが違う人にとっては簡単だったりする。

それを自分の行動で起こしたいと最近よく思います。


考えて決定するまでのスピードを2倍にすれば


1日は48時間になるっていう

さらに1時間に進む距離を倍にすれば

1日は96時間

めんどくさいって思ってからやっぱやろっていう時にかかる時間を半分にすれば

1日はなんと192時間



っていう吉村相対性理論(非科学的)


で明日も生きていこうと思います。

皆さん

4日休日があったとします

30万円あったとします

やろうと思えばユーロ2014を現地で観て帰って来れますよ

see you

マスターコーチ講習2014

Yo Bros

あれから2年

再びデンマークの地を踏むことになりそうです。

2回連続マスターコーチ講習会受講

場所は第二の故郷







ナメック星

じゃなかった

デンマーク

連続はなかなか日本初なのでは??

今回は前みたいな完全殴りこみみたいな感じではなくだいぶオフィシャルです。


協力してくださった全ての皆さんに深く感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。


前回はただ参加して満喫しただけで終わりました。

ちょうどサッカー日本代表のフランスワールドカップのように

でも今回は使命感が凄くあります。

2002年の地元開催の時のように

For Japan の気持ちが凄く強いし良いものを日本に持ち帰り、還元したいと強く思っています。

違う楽しみとしてEHFのメンバーに会えるのは楽しみです。


メンバーに「このアジアンフェイスを覚えておけ、いつかでかくなってまた来る」

って言ったのが現実になりそうです。

待ってろピーター

土曜日出発の予定で

明日はブログかけないかもしれないので今日書いておきます。

何故ヨーロッパ
何故日本
どうしたら
ってところを必死に考えながら受講してきます。

日本のハンドボールに貢献するぞ^^

see you!!

トップコーチセミナー in セルビア 現地のコヤマ君より 2日目編

Yo Bros

駆け抜けて2014年

ラ・ヨシムです

ヒヒーン

ちなみに私の小さい頃の夢は

ダービージョッキー

かっちょよかったんですよねー当時の僕に武豊は

ヒーローでした。


当時好きだった馬は

フサイチコンコルドっていう馬でした

ダービー前の戦跡は3戦3勝

めちゃ少ない戦績で獲得賞金ギリギリの繰上げ出走

1番人気は武豊の乗るダンスインザダーク(フサイチコンコルドは7番とかそんなだったきがする)

しかし勝ったのはフサイチコンコルド

最後の直線

「外から音速の末足が聞こえる」って言った実況を今でも覚えてます。

武は大体エリート馬に乗るんですが

彗星のごとく意味不明な戦績で現れた馬がエリートを蹴散らすっていうストーリーに凄くあこがれました。

倍返しなんてもんじゃないです。

血統スポーツの世界でのエリート対非エリートの勝負に奇跡はほとんど起きません

しかし

思い返せば当時からどこかそういう奇跡的な意味不明的な生き方が好きだったのかもしれません


anyway



今日も元気にセルビアの様子をどうぞ!!



2日目のテーマは

ディフェンシヴ タクティカル フレキシビリティ

正直なんのこっちゃ。笑

flexibility:柔軟性、適応性

でも既にこのブログでも、イベントで絶賛連載中の吉村さんのコラムでもこのワードは登場済みですよね。

つまり、状況に応じてDFシステム、約束事を変化させていくこと

と僕は解釈しています。

講師はフランス人EHFコーチ

セルビアの大学生くらいのチームにフレキシブルなDFのトレーニングを施してました。

そしてこの日レクチャーしていたフランスベースのDFのミソは、FTを取る場面とあえてFTを取らずにインターセプトを狙
う場面を使いわけるということです。

これには驚きました。

僕は今までとりあえずFTを取るべきだと考えていました。

ただこれはあくまでDFのひとつの例なのでそこに正しいとか正しくないとかはないと思いますが。

トレーニングは3:3からスタートしてて最後は6:6、DFシステムを言うならオープン6:0ですかね。

講師に言われながら、セルビアのヤングプレーヤーたちはFTを取りに行ったり、取らなかったり、けん制も状況に合わせ
て出たり出なかったりとフレキシブルなDFを展開してました。

講師いわく

高い位置、12、13mではFTを取ってもいい、しかし7、8mでは取るなと言ってました

それは、せっかく7、8、9mでプレッシャーをかけていたのにFTを取ると6mまで下がらないといけなくなるから

FTを始めるのは9m、DFは3m離れなければならない、相手にロングヒッターがいるほど、この3mがあるかないかは死活問題

なんだろうと、まずシュートを打たれる可能性は大アリですもんね、フランスのようなattack the attackを哲学にしてる

ようなDFがシュートを容易に打たれること自体容認するわけない

そう考えると納得がいきました。

シュートを打たせてボールを失わさせる、のではなく、ボールを奪う


攻撃的ですよね、たしかにシュートを打たないと得点できないですもんね。
以上2日目のまとめです?

大幅に遅れて申し訳ありません。

3日、最終日についても早くまとめていきます。

トップコーチセミナー in セルビア 現地のコヤマ君より 初日

無事初日を終えることができました。

IHFのムスタファ会長のお言葉でオープニング。

世界のトップが目の前に、日本協会の会長さえ見たことないのに。笑


そしてメインの3人の講師は


チェコやベルギーの代表監督経験者でIHFの重役でもあるチェコ人のコーチ

フランスナショナルトレーナー

セルビア人のマスターコーチ所有者



こんな感じ


内容は


歴史の変遷


選手に必要な要素の傾向


OFの傾向


DFの傾向


簡単に説明するとこんな感じの構成でした。


OFの項目では、アバロのサイドの高い位置でのディスタンスシュート、ジルーのPVからウイングに流れてからのサイドシュートの映像などをみせられました。

状況に応じた個々の判断、そして様々なポジションでプレーできるオールラウンドな能力が求められると解釈しました。


DFではスペインとフランスのDF哲学 を説明していました。


フランスのDF哲学の解説で出てきたキーワードを2つ紹介します。


1つ目はもうおなじみの
attack the attack!


そして
do not give the attack half a chance!


2つめのキーワードは英語が苦手な自分にはベストな訳が難しいところですが、attack the attackからつなげていくと少しのチャンスでも与えてはいけないという姿勢がよくわかります。


最後にスペインの哲学を


これも中々日本語にするのは難しかったんですけど、1番感心したのがこれ

defender with your legs ,not your arms.


ディフェンダーは足とともに

これが自分の中では1番名言ぽい訳し方です。笑

要は足で守らないといけないよってことですね。

中、高生くらいならこの英語も理解できますし、手でついていこうとしてる子にビシッとこのセリフ言えたらかっこいいですね。笑


本当はもっと色々なことを聞いたのですが、わからない単語出まくりでまだ半分くらいしか消化できていません、すいません。


明日は体育館に移動してトレーニング方法の講義もあるみたいです。
またご報告します。


ちなみに今日隣でディナーを共にした人はアンゴラの代表監督でした。笑
すごい場所です。
では。

トップコーチセミナー in セルビア 現地のコヤマ君より

ドバル ダン

初めまして小山です。

僕は今明日19日から4日間行われるトップコーチセミナーに参加するためにセルビアに来ています。

トップコーチじゃない僕が何故参加できるのかは、このブログを読んでいる人なら同じみのゲスト参加というやつです。

軽く自己紹介をすると

僕は大学院に行ってコーチもしてないし、上級コーチの資格も持ってません。



そしてもちろん英語も話せません。笑

つまり身の程知らずもいいとこですね。



こんなに身の程知らずな奴は、完全体の強さも知らずにみすみすセルを完全体にさせてしまったベジータか僕くらいでしょう。

そんなベジータな僕はHC名古屋さんが数年前に新たに創設した小学生スクール、

通称HC三好のコーチを務めさせてもらってます。


代々中京の先輩がコーチを務め皆さん出世して辞めて行くという若手コーチの登竜門になりつつあると勝手に思ってます。笑


そして初代コーチが吉村さんというわけです。

いやー吉村さんって本当にイケメンで性格も素晴らしくて、喋りも面白いですよね??

尊敬してやまないのでセルビアで有名な値段の張るお土産を是非買って行きたいです!!


というわけで三好でコーチをしたら高確率で出世できますよ?

コーチが足りなくて困ってます、本気で大募集中です。笑

そんな日々の中デンマーク帰りの吉村さんが練習に来てくれて練習終わりに話を聞いてるうちに、僕も影響されたというわけです。

ただ行って帰って来るだけにならないように、貪欲に吸収したいですね。

またセミナーのことは色々報告したいと思います。


続く!!

今日は

Yo Bros


とりあえず何か書こうというパターンです。


今日はいい感じでトレーニングできたと思う。

いかにゲームに近づけるか

ってとこで

明日も頑張りまーす

see you

頑張れ日本女子

Yo Bros

財布の中も木枯らしが吹いている男

ラ・ヨシム

です


あと何時間かしたらセルビアで日本対フランスが激突します。

みたい



明日仕事なんで寝ます


フランス相手にどういったゲームに持ち込むのかは非常に興味があるところですが

鍵はシュート決定率かな


GKダルーはめちゃ上手いし(美人)

ポストのゴエオラニだったか忘れたけど若い選手は金髪で可愛いし

もう1人のGKのレヌーも金髪で上手いし(美人)


anyway



遠い東欧の地で

ここ一番の1等星ベガジャパンに成ることを期待してます



Ale Japon !!

see you



もしも君が泣くならば

僕も泣く男

ラ・ヨシムです


Yo bros

もしも豊田合成が日本代表だったら

大崎電気→走るクロアチア

トヨタ車体→ポーランド

湧永製薬→2000年くらいのロシア

大同特殊鋼→フランス

トヨタ紡織九州→韓国

琉球コラソン→韓国

トヨタ自動車東日本→カタール

北陸電力→同じく日本

って感じでイメージしながら試合しとります。



豊田合成のハンドボールに未来の日本のハンドボールを描きながら


世界のトレンドを一歩超えたゲーム構想を目指して今日もトレーニングしてきました。


いつかクロアチアぶったおしてー^^

see you

女子世界選手権をみて

Yo Bros

好きな四字熟語は

「全員注目」



ラ・ヨシムです

昨日は聖書少年サンデーを読んでたら

なにやらAY的な漫画が新しく始まっていたではありませんか

チェスの漫画で

1700年代にタイムスリップした少年が当時最新の戦術をぶち破っていくストーリーでした

返し技の存在ってところがAYチックだなと

クロノモノクロームってタイトルだった気が

ちなみにファンタジスタ ステラも好きです。

草葉さんの漫画好きです

ロストマン好きです

anyway

昨日はブラジル対日本を観ていました。

女子世界選手権です




2年前はツイッターとかでもあんまり世界選手権は注目されてなかったけど

今や日本のハンドボーラーのそこそこ注目の的になっているのではないでしょうか


これは本当に日本のハンドボールを変えようとしてきたみんなの成果だと思います。



そして


日本女子


つえー


オフェンスのちぐはぐ感はどこぞの青いユニフォームのチームと似てはいますが

ディフェンスの革新的なスタイルには目を見張るものがあります。

勉強になるなーと感心しております。




ただやっぱ、最後の課題は得点が止まった時のバックプレーヤー陣のシュートの質



っていうのは日本代表もどこぞの黄色いユニフォームのチームも変わらんなと



そう思うと、逆にそういう課題が出てくるチームは順調なのかもしれません。


女子日本代表からは、ユーロ3位セルビアや、強豪デンマーク、ロンドン五輪6位ブラジルに立ち向かっていく姿勢を強く感じました。



打ち抜くハンドボールを極めていけるように僕も頑張ろうと思うことができました。



ではまた明日

see you

勝ったことがないから、負けるのだ

Yo Bros

最近よく頭の中に思い浮かぶのが

この一言



「ワールドカップで優勝することができるのは、ワールドカップで優勝したことがあるチームだけだ」


確かこんなニュアンスの一文が

蹴球神髄にあったなと



言いえて妙なこの言葉



勝ったことがあるチームしか

勝つと言うことはどういうことかを知らないってことなんかなーと

同じ能力、同じ体格の2チームがあったとして

どちらかは負け続けてきたチーム、どちらかは勝ち続けてきたチーム


試合をしたら勝ちやすいチームはどちらか


と聞かれたら

勝ち続けてきたチームだと思う


勝ち続けるチームはずっと勝ち続けるだろうし

負け続けるチームはずっと負け続けると思う。

まとめると




勝ちたかったら、勝つしかない


ロナウドが

「負けた理由は勝てなかったこと」

って言ってたけど


それが今すごくよくわかります



ハードなトレーニングももちろん重要だけど

勝つためには何が必要かを身を持って体感することも

同じ位勝負事では大切なのではないかなと思う今日この頃なのでした


言いえて妙な名言のなかに、勝利を科学する鍵があるのではないかと思いつつ



睡魔に勝てそうも無いので


寝ます



see you

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。