にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアルマドリー ファウンデーションキャンプ2

Yo Bros

今回は

というか今日4回目のブログ更新では


レアルマドリー ファウンデーションキャンプ その2

ということで

実際にサッカーの育成で何が行われてたかということを書こうと思います。

スペイン人のコーチが実際にコートにたって通訳を通して選手にメニューを与えています。


レアル画像7


メニューはやっぱり今ある技術をどのようにして生かしていくかというところにフォーカスしていたと思います。


テクニックそのものよりも(もちろんテクニックのメニューもあったと思いますが)

ゴールを決めたらみんなで喜ぶ

どっちのボールかきわどい感じでサイドアウトしたボールに対してはマイボールであるとレフェリーに主張する

などの、意思表示をゲームに反映させるようなメニューが多かったです。


僕が見たときは「ゴールを決めても決められても、敵味方がそれぞれチームメイト全員でゴールパフォーマンスをして、出来が良かったほうに1点というルールでした」

つまり失点したほうでも、みんなで喜べば ー1 +1ってことでノーゴール扱いになるため、失点してもシュンとしないっていう意識付けだったのかなと


印象的だったシーンが2つ


コーナーキックがあるかないかについて敵味方でもめていた場面がありました


わからなかったのでコーチにボールの所有権を有するチームの子が聞いたら コーナーキックで再開になりました

相手チームは「だったらさっきの僕たちのあっちでの場面でもコーナーキックじゃないか」

とコーチにアピールしたら

コーチが「それはやろうとしなかった君らの発想が乏しい」とばっさり切り捨ててました 笑



もう1つは

コーチは主張した子のいるチームにボールを与えているようでした。

たとえばきわどいボールのサイドアウトで、たとえ自分が最後に触ってサイドラインをボールが割ったとしても、

マイボールだ

とアピールした子のチームのスローインになってました(そのときは相手チームの子は何もアピールしませんでした)


そしてボールを得た子はすぐさまスローインをしてゲームを再開し、2個くらいパスがつながりゴールが生まれました。



誤解して欲しくないのは、ずるがしこいことを教えているということではないということです。

コーチは基本何もいいません。ただ、主張してきた子にボールを与えただけです。



教室のなかでのことに例えるなら、よくわからないことに直面した場合、ルールの中で自分で考えて局面を打開しようとした子がいた

とか

間違ってても当たっていても 手を上げて質問しようとした生徒を先生があてた


とかそんなところだと思います。




日本の子供達はテクニック的には十分だとどのスペインのコーチも言っていました。



きっと足りないのは目に見えない部分のテクニックなんだと思います。


自分の意見があったら、手を挙げる。



日本のスポーツ界の発展の鍵は実は、学校教育の中の見落とされがちな小さなシーンにあるのかもしれません



10年後

オリンピックに出るような名選手になりたかったら、授業中に先生に当てられるまえに自分で手をあげなさいと

そんな名言が

学校体育主体の日本の教育現場には生まれているかもしれません。

そしてサッカーでも埋めれていない世界との差を最初に埋めたのは

ハンドボールであってほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

審判にとっても、プレイヤーに主張されたら、その主張に従ってしまうこともあります…まだ自分の審判の技量がないだけとは思いますが、そうやって主張することで、諦めない力もついていくような気がします。

手を挙げることに関して。小学校の先生向けの、とある教育技術サークルに学生時代に行っていたことがあるんですが、「自信のない子は手を挙げて!」と子どもに言ってみると授業が活性化するということを教えてもらった覚えがあります。失敗しても良い環境を作るということは大切ですよね。特に育成段階においては。

Re: タイトルなし

Dear Jolly

日本の教育のなかにも今まであまり注目されてこなかった、もしくは先生が恥ずかしくてなかなかやれないような授業スタイルの中に スポーツにつながることが多く隠れているのかもしれません。

例えば、先生自身が何かの講習会に参加したときに、一番前の席が空いていたらそこにすわれるのか

とか

わからなかったら大勢の前できちんと質問をすることができるか

とか

そういうところは非常にスポーツに必要なことだと思います^^

日本の教育のなかでは目立たないだけで!!

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。