にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「走る」ということについて

Yo Bros

今日はある意味日本の永遠の課題である 「スポーツ×走る」


というところを書こうかなと思います。


走り勝つ


いい言葉ですね


走ってきた距離ならどのチームより負けない


これも心くすぐる言葉ですね



では、ハンドボールにおいて、「走る」ということは今どのように戦術の1つとして取り扱われているのか

というのを紹介し、日本と対比しつつ


ヴィボーで行われた デンマークの走る系のトレーニングまで持っていこうと思います



1980年代から、走るハンドボールはソ連~スウェーデン~ドイツと発展の一途をたどります


このままドイツ2003全局面でのテンポシュピール構想が加速していくのか??





思ったら 2009年から 速攻の回数は減り始めます

いまや全局面でテンポシュピールを仕掛ける国はほぼありません(キールなどのクラブチームにも)


なぜ??



何でだと思いますか??




あまりみなさん考えたことがないと思うんですけど


自分達の攻撃回数を増やそうとしてテンポを上げると、自動的に相手の攻撃回数も増えることになる



という法則がハンドボールのゲーム構造的に成り立ちます。

ボールをもったら全部速攻を仕掛けるチーム対ボールをもったらパッシブぎりぎりまでポゼッションしてるチームが


試合をしたとして



双方の攻撃回数はどうなるでしょう??




こたえは1回多いか少ないかはありますが ほぼ一緒です 笑

悲しいことに攻撃回数というところに着目すると、走ってゲームをテンポアップさせて攻撃回数を増やしたら、相手にノーマネーで攻撃回数をプレゼントしてしまいます

まぁここから先はややこしくなるんで今日はこの辺でこれの説明を終わりますが



ヨーロッパはたぶんこのことに気づいたんでしょう


なんで全然走らないクロアチアが決勝に勝ち上がるんだよ、このテンポシュピール全盛の時代にって感じで



「守ってガンガン速攻」という日本でもっとも良く聞かれるスタイルを 強くないチームがやってしまったらどうなると思いますか?


世界的に強くないチームがガンガンテンポシュピールをやってしまったらどうなるとおもいますか??

さらに守って速攻というけれど、ぶっちゃけ速攻で点が取れないっていうチームだったら

フランスに

デンマークに

アイスランドに

マケドニアに


ただで攻撃回数、またはミスすればそれプラスボールをプレゼントしてしまうことになります


そうなってくると

お返しにといわんばかりに

カラバティッチから

ミケルから

ステファンソンから

ラザロフから

ささやかな気持ちとして120km/hを添えたボールが 日本のゴールネットにプレゼントされることになってしまうわけです


いらねーよ

って感じですよね^^



だからですね


僕がなにを今日言いたかったかというと

ハンドボールにおいて
速攻とは、あるていど強いチームのためにある戦術であり

弱いチームが強いチームに勝ちたかったら、自分達の速攻を捨てて相手の攻撃回数を減らさないといけない
ってことです



そうすると何が起こるかって??


大体1試合の両チームの得点が25-25の点数になるんですよ^^



これが25-25理論の種明かしです^^




映像はヴィボーでのランニングトレーニングです

状況判断がちょこっとはいってるの以外は

僕はあんまり日本人には必要ないと思います

なんでかっていうと、彼らがトレーニングしないと身につかない急停止、急加速は

日本人はあまりトレーニングしなくても出来ることが多いとおもうからです。

アジリティは間違いなく日本にアドヴァンテージがあります

ただランニングになると、日本はその意味をちょっと間違えている気がしてなりません

それを少しずつよりよくしていけば

本当の意味で日本の武器が速攻になると思います^^



おまけ映像は カントリーサイドの高校2年生の女の子のリクエストで

ブラジルで日本女子の夢を砕いたヴィボーのスーパーGK クリスティーナ・ペダセンの1試合でのプレー集です^^

曲は DJスプラッシュの New lifeです



ではではよい29th Febを^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

全く同感です。
なのでニッタイのスタイルが学生界で君臨している以上、日本はレベルアップしにくいと20年前から感じています(わらい

去年のインカレを観ていると、関西勢が知略でニッタイのリスタ封じを実践し、そこそこの成果を得られていました。

得点的結果は叶わないものの、関東リーグ観ているより、関西勢の討伐意欲が汲み取れました。

なので、関東勢に、ニッタイを攻略してほしいんです。
そうすれば、韓国の壁なんて乗り越えることができます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Dear Rupla-matsu

thanks for your comment

ニッタイが日本で戦う分には最高の戦術だと思います。あんな強いチームは本当に日本でニッタイくらいですから いわば学生界のフランスといったところでしょうか。

ただ男子の全日本を見てると、真ん中4枚のDFのうちどれか1つを出来るニッタイ出身のプレーヤーがどれだけいるか?というとあんまり多くないんですよね ほぼみんなアウトサイドDFになっちゃうんですよ

僕が見た感じCBには大阪体育大学出身の人たちがよく入ります^^

このように 日本対世界(もしくは韓国)の図式になると、速攻をするまえにDFをしなければならんっていう状況におちいるわけです

ニッタイの日本有数の運動センスを持った子達に、無失点でインカレ優勝しろっていう要求をすると、それは日本の強化につながると思います。たぶん攻撃は彼らは勝手になんとかするんで^^

Re: タイトルなし

Dear h.f

thanks for your comment

いえいえ

なんて美人がパワフルなハンドボールをやってるんだって楽しみながら見てください^^

完全に同意です!

古い記事へのコメント失礼します。
この記事を読んだことで、自分の中の疑問がやっと晴れました。
私はヨーロッパのとある国の地方リーグで一年間プレーしていたのですが、そこで様々な攻め方を見、日本の「守って速攻が一番」というものかなり偏っているに気付きました。(ちなみに現在は指導者です。)
その偏りをなくすためのヒントをこの記事から得られたような気がします。

Re: 完全に同意です!

Dear Furisu

ボールゲームなのでまずはボールをしっかり操らないといけないですよね^^

日本のスポーツはどれもそうですが、ボールゲームというものをもうすこし理解したほうが良い気がします。

お互いよい日本のハンドボールの未来を作っていきましょう^^

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。