にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジションに対するDFの対応

Yo bro

昨日はU-14以下の女の子とU-7のちびっ子をダブルでコーチしてきました。


最近英語がスラスラ出るようになってきたので

あとデンマーク語も短い文ならなんとか

デンマーク語と英語をミックスしてなんとかやってます。


デンマークの子も中学くらいだとまぁまだ英語は片言ですねみんな^^

これが20歳くらいになるころには僕の5倍はすごくスラスラでるようになってるんで

すごいなと思います


やっぱしゃべれるようになると、コーチ業も板につくというか、ガンガンやってやるという風になってきますね^^

とりあえず

デンマーク流にしたがって

トリーナ・トロールセン見ろよ!!を連呼してました

like Trina, I'm shakiraって感じで^^



あとちびっ子とはミニハンドボールをやったんですけどゴールが正規のサイズより2まわりほど小さくて、僕がキーパーだったんですけど

アイアム ランディンっつってランディンキーピングでスコスコにちびっ子をしてやりました


大人の力を見せ付けてやりました


6歳がランディンしってますからね

シルケボーのGKでナショナルだろ??って言ってきますからね。

恐ろしい国ですよ

anyway


今日は

図をたくさん載せようと思います

まずは攻撃的なDFの崩し方のトレーニングですね^^
transiton training


この3:3を崩すときに、トランジションを用いて答えなさい

っていうのが平成ハンドボール教育委員会からの問いです


日本だと答えれない指導者は多いのではないでしょうか


なぜなら日本ではDFをフェイントでぶち割る

が暗黙の鉄則だからです

誰もトランジションしたことをほめる指導者はいません


そして相手のDFが強力だった場合

フェイントでぶち割れなかったらそこでthe end

っていうパターンがどのカテゴリーでも多いです


ゆえにトランジションを用いた攻撃が出来ないんですよ^^

だから日本代表でも韓国の3:2:1相手に1対1をかけては守られて負けるんです


一方ヨーロッパ諸国はもはやこればっかです

要所での1対1を残しつつ

トランジションでまずは相手DFをFIXしたり相手DFのポジショニングをずらすことを第一に考えてると思います


バリッチでさえピヴォットに沈んだあとにもう一回浮いたりしてますからね

ということで

トランジションを用いるとどうなるかというと

transition training2-1

左バックがボールを持った段階ですでにDFが崩れている状態になる

これがトランジションを用いたOFのすごいところですよね^^



後は広い1:1をプレーメーカーがどう攻略するかっていうところにかかってくるわけです

transitoin trainig3

上の崩し方は、1つもフェイントのステップを使ってないことがわかりますか??


一番重要なのは

複数の選手の動き出しのタイミングだったりパスのタイミングだってピーターは言ってました^^


たぶんクロアチアはこのパスや動き出しのタイミングがすごく上手いんだと思います

韓国の3:2:1相手にフェイントを用いずに勝利したときに、日本は世界選手権で上位に食い込めるようになると思います。


日本だと選手の頭にはフェイントのことしか考えない子も多いとおもうので、トランジションのこともきちんと考える選手を育てていきたいですね^^

映像も乗っけとくので是非参考にしてください


トランジションに対するDFの説明はまた明日しまーす^^

see you

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

なんかスカッとした気分ですw

自分のチームは6:0のDF相手にはインターハイレベルの学校にもOFが通用していたのですが
1:2:3などのアグレッシブなDFをされるととても弱かったんですよね
6:0だとボコボコ点が取れるのに少し相手のDFライン高くなるとすごくてこずってたのを
GKとしてイラつきながらみてたのが印象に残っていましたねw
それはOF起動にに1:1しかなかったからなんでしょうね

これをみて改めて思ったのはYoshimさんみたいな方が育成年代にいるかいないかでかなり日本のハンドボールは変わるはずだと・・・
中学・高校生のころから
「DFはこうやって崩す」を感覚的にも理論的にも分かっていてほしいですよね
Yoshimさんには「指導者を育てる指導者」にもなっていただきたいです

僕も「Yoshim children」としてどんどんここでえたことを発信していきますよ^^

GKとしてはやく1:2:3が日本で楽に普通に崩される日を切望してます(笑)

長文失礼いたしました

3:3の崩しはゲームでもっとも遭遇する場面だと思うので、こういう理論を知っていると便利ですね
僕は1:1で崩す方が好きですけどね笑
でもやっぱり日本が勝っていくためには、ヨーロッパに勝てるフィジカルをつくるより前に、こういう崩し方を知ることが先でしょうね



そういえば、いまさらですが、ユーロのフルマッチがyoutubeで見られるんですね!!
感動しましたよ^^
見てたらセルビアとクロアチアのゲーム中にオフスプリングのpretty flyが流れてて二重の感動でしたよ笑

トランジション

まだまだ、しまくってはいませんが。
この土日練習試合でした。
同じ高校生相手だと真剣勝負をするので良いのですが、熱くなりすぎます^^
冷静に「きっかけ」しないんですよねぇ。
結局、1:1のぶち抜き作戦をしようとします(笑)
ギャップを狙ってとかギャップを創り出して展開とかは・・・
若さ故の過ちか??って聞きたくなります。
今は、ロシア・・・(スイスサークルは慣れません)とデンマークとキールがやっていたウィングからのトランジションパターンだけですが、シュートまでは行けるようになりました。
シュート決定力がないのでなかなか得点には結びつかない・・・のが課題ではありますが。

リトリートは、かなり有効です。前線もしくは中盤でボールを奪う意識が出てきました。
ミスはあるけれど、そのリスクをおそれなくなってきましたよ。
なにせ、「ようするにオールコートの3:3DFをやればいい!」と言い放ってやりましたから^^

今日は大学生と練習試合で結構効果的でしたね。
体格と経験はあっちが上でしたが、戦術で良い試合・・・いやいや勝てる試合の方が多かったかも。
若さ故に1点差で勝っているのにも関わらず、残り30秒なのに1:1行ったり、残り10秒無いのにいきなりロング打ってみたり^^
まぁ、積極性はOKでしょうが。

この調子で、頑張っていきたいと思います。
近況報告でした。

デンマーク

デンマーク優勝おめでとうございます!
ミケルスゲー ランディンスゲー 
 
若い選手がいい仕事してますね!
やっぱ育成のシステムがしっかりしてるんでしょうねー

yoshimさんから見て今回のデンマークはどのような戦術をつかってました?
決勝のDFはこの前に書いてた誘い込むようなDFやつかなと思いました。

あとどうでもいい話ですがウィングのリンベア選手デヴィッドボウイに似てませんかー?

Re: タイトルなし

Dear ky

thanks for your comment

日本人はすごくアジリティがありますからね

そこは海外の人たちにはない特色だと思います

すでにかなりスポーツにおいて俊敏性をトレーニングしなくても高いレヴェルでもってるんですよ

だからギュンギュンに相手を抜きたいって言う気持ちがつよくなるのもわかります



それだけでは駄目だったときに、素直な日本人は愚直なまでに同じ方法に固執すると思います

だから3:2:1にシフトチェンジされたときに、まったく攻め方が変わらなかったのでしょう^^

すばらしい言葉をありがとうございます。まぁこればっかりは僕が決めることではないので、もし機会があればいつでも僕が得た知識は皆さんに提供しようと思います^^

Re: タイトルなし

Dear A.H

thanks for your comment

1対1を190cm100キロに仕掛けなきゃいけないのが海外ハンドボールですね^^

デンマークの僕のいるローカルなチームにもでかいやつばっかですよ^^

是非チャレンジしてみてください^^

日本代表でもこの崩し方の基礎は浸透していないと思います。育成段階でこういうのを知っているのは10年後に大きなアドバンテージになりますよね^^

あぁオフスプかかってましたね^^

あとボン・ジョヴィのイッツマイライフも^^

Re: トランジション

Dear Yassis

thanks for your comment

いい感じじゃないですか^^

きっと映像を見たのがおおきいんじゃないかと思います

海外のトップチームが本当に自分達と同じように攻めている、守っているっていうのを知れたのは大きいと思います

だんだん高度な戦術があつかえるようになってきてるんではないですか??

いい調子そうでなによりです^^

このまま順調に成長していってくれるといいですね^^


Re: デンマーク

Dear lplp

thanks for your comment

ありがとうございます^^僕の第二の母国です^^

ミケル今日はやってくれましたね。後ランディンは相変わらずすごかったです

デンマークはあまり戦術つかわないんですよね^^

オーソドックスって言うか

ただシュート局面でのシュートヴァリエーションが他国より図抜けて多いと思います。

シュートをあんまり外さないんですよ彼ら


DFは彼らの文化である、引き気味の6:0でしたね

5人引いて1人積極的に前にでるようなスタイルだったので

まぁ、誘い込むようなDFだったと思います。

そして、どうでもいいようで一番今の日本のハンドボールに必要なコメントをありがとうございます。

似てますねリンベア!!デヴィットボウイに^^そういう会話を、6歳の子供が言うようになれば、日本は世界チャンピオンになれると思います^^


フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。