にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子日本代表チームの試合分析

いやー皆さん

ブログを更新できずにもうしわけありんせんした

実はあちきはu-6〜U-8の年齢別トレーニングセミナーにいっておりんして

その間、ブログが更新できなく候






本場デンマークのちびっ子たちに何を教えてるのかを実際に見てきて

小学生がボール投げてる映像もあるので

小学生を教えている指導者の方々に参考になればなと思います(デンマークの小学1〜3年生と比べることが今回はできますね^^)





その前に



我らが日本代表


やってくれましたね


決勝トーナメント進出

しかも決勝トーナメント初戦の相手は、デンマーク^^


運命だ 笑



日本戦は、ブラジル戦、チュニジア戦、ルーマニア戦を見たのですが。


やっぱり日本人は、ヨーロッパというか海外のチームとやるときは、最初は表情が引きつってますね^^

ビビっちゃうというか、ヨーロッパのレフェリングの特徴とか、日本人にはない性格、体格を目の当たりにすると

1歩引いちゃうというか



その中で、だんだん1歩引いてビビらずにやる選手が何人か出てきたのが一番、日本の躍進に影響したのかなと


日本人っぽい性格してると、多分ビビってなにもできないです。日本人離れした変人みたいな人でも、ちょっと緊張すると思います。





レインボージャパンの戦術分析をしていくと

OFは残念ながら左バックのエリアから打ち抜くことはあんまり今回も出来てはいませんが、それをカットイン(breaking)で補っているところはすごく良いと思います^^


右のアークの使い方は「多分藤井選手がなんとかするという感じなのでしょう






速攻も皆さん気づきましたか??

石立選手が後ろからほとんど組み立てるんですよ!!

彼女の速攻でのプレーメーカースタイルは1.5waveではなくおそらく3rd waveでもらってそこから2nd waveを追い抜くテンポアップを見せるスタイルが多いですが、面白い速攻だなと思います


世界の舞台で、あんなに速攻を決めれる日本を初めて見ました


いやーにしても、石立選手は世界的にみてもかなりうまい方だと思います


ヴィボーあたりに来ないかな来年^^




DFでは、ヨーロッパ系のジャッジの特徴と日本のジャッジの特徴を分かった上で対応していかないと、退場の数が非常に多いのが気になりますね。あと右のアウトサイドDFのエリアがすこし弱いかなと

あとGKが当たらないことにはやはり勝てませんね



基本的にヨーロッパのレフェリングは押すという接触に寛容なので、「まだフリースローの笛ならないの失点」が多いと思います






そして特殊局面ですが、日本女子にはフリースローからのダイレクトな攻撃展開が結構多いのを皆さん気づきましたか??


これは間違いなく意図的にやってます。ルーマニア戦やチュニジア戦を見直すとわかると思います






全体的には

ヨーロッパ系のジャッジは、「その後プレー出来るかどうか」っていうのをすごく見てると思います。

いくらシュートが入ったとしても、不細工な感じだとダウンだったり4歩歩いたとかにされちゃうことが多いです


だから、接触されてもプレーを続けていることをアピールすることが大切かなと



あと


これは一番大問題だと思うのですが


審判や、相手とコミュニケーションが取れなさすぎですねみなさん(スタッフふくめ) 笑


理由→日本人のスポーツ選手は英語がしゃべれないから 笑



例えばですよ、日本にいたら審判としゃべれる人も、外人の審判としゃべれますか??


「今のは4歩?」とか「俺は何もしてないよ」とか「今のジャッジは正しい、うちのチームメイトがあんたに熱くなってるが気にしないでくれ」とか

そういう会話がアジアの選手は全くできませんね^^




っていうふうに審判や相手チームの選手と話していかないと、訳が分からないままゲームが進んでいくと思います


とりあえず、


何かおかしいと感じたら

誰でもできる
WHY?と審判に聞き返すことが重要かなと思います


多分答えはものすごく早く英語でしゃべってくるので理解はできませんが

そこで、I make sense(納得したよ)って答えるだけでだいぶ違うと思います





彼女たちの戦い方は、緊張しようが何しようが、ビビらずひるまず、戦術のセオリーやトレンドをあるていど守っていけば、なんとかなるっていうのを証明していると思います



ファン監督が韓国人というこは、韓国はその戦術のセオリーやトレンドを日本よりも知っているのでしょう^^







そして


世界選手権特別企画第5弾

今回はロシアタチアナちゃんです

images (1)

僕が前回の2009年世界選手権で最高の衝撃を受けた選手です

やばいですよこの子は

当時19歳くらいです




天翔龍閃かってくらい右足を踏み込んだ直後に繰り出されるランニングシュートは、多分日本の男子より振りが早いです 笑





明日はおそらくAYコペンにしか書けない、デンマークの弱点っていうのを書こうと思います


デンマーク戦は、こう戦えってやつですね^^

see you
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レフリーは名勝負・名プレーの演出家

これまで、日本でのハンドボールの文化は 「観る」より 「自ら」プレーのほうが魅力的なモノと 勝手に自分で位置づけていまし

コメントの投稿

Secret

普段も子供のチームにいるんですよね?
Yoshiさんとハイタッチしたときの子供達の満面の笑顔が目に浮かびます。
さぞかし楽しんでハンドボールしているのでしょう。

レフリーとのコミニュケーション大事です。
常にお互いのスキルを磨くためにも、
遠慮と販促はしないでフレンドリーに展開すべきです。

私の仮説「なぜ日本選手はレフリーとコミニュケーションとりずらいのか?」

部活チームが主軸の文化にて、教員がレフリーというケースがほとんどのなか育成期を過ごしてきました。
教員は教員としての威厳を保たなければ。。。という<無意識の意識>があります。

以前に比べ、JHL、学生リーグではかなりかなりフレンドリーになったと感じ、進歩はしていると思いますが、まだまだ浸透はしていません。
「二人の黒い独裁者がゲームを支配」するのと
「全員ハンドをNiceに二人の黒子が演出する」
のではえらーーーーい違いっす。

ワールドワードの場面で、英語が苦手な部分は、
「心と心が通じ合えば、コトバなんて必要ないさ」
って気持ちで接すれば、試合中でも通じます。
これも経験だと思います。

英語赤点だった私がそう感じているんだからダイジョブっす。

それが出来ないのは戦後の敗戦国教育の功罪です。

・・・・このまま自分のブログにコピペしませう・・・

まさに右足の踏み込み(天翔龍閃は左足ですが)からの超神速の抜刀術。
きっとDFは一撃目の空気の渦に飲み込まれて体の自由が利かなくなってるんでしょうね。

コミュニケーション能力として、英語必要ですね!実は一応英語教師なんで、試合にも対応できる英語力つけたいですね!

Re: タイトルなし

Dear Rupla matsu

thanks for your comment

普段もいますよ^^

ハイタッチしかしてないです

英語は多分誰でもできますよね。できなかったら人間じゃないと思います

話す分には、ちょっとやれば1年あれば余裕ですね 

僕は将来英語で(もしくはデンマーク語)日本のキッズや日本代表を教えたいです

審判の人たちも是非海外の審判講習会とかに行って欲しいと思います^^

相手に英語で講義される練習は、しておいたほうがいいかなと 半端ないんでこっちの人たち 笑

私が、世界選手権に出場したときも日本と欧州のジャッジの
差に最初は、戸惑いました。

日本だと、すぐにフリースローになるところを欧州のレフェリーはよく見ていて、良いプレーだと継続させてます。

だから、DFもGKもフリースローかな?という感覚の場面で
プレーが継続されているので、失点しまったりDFの反則を
とられたりしてしまいます。

なので、ジャッジに慣れるのに多少、時間がかかりますね。

私が、対戦した中でランニングシュートの思い出は
ブルガリアの左ききのセンター。
日本でバックプレーヤーがランニングシュートを打つなんて
そうそうなかった時代でしたので、衝撃的でした。


そして、今日の練習で偶然にもランニングシュートをやりました。

年生でもすんなり打てる子もいて、びっくり。

良い映像もたくさん見せて、本番の試合でも使えるように
したいと思います。



Re: タイトルなし

Dear Kettsu Man-Kuwurb

thanks for your comment

飛天御剣流は、常に隙を生じぬ二段構えですね

そうなるとバックシュートは龍巻閃にあたりますね

キーパー練習は九頭龍閃の防御の練習かな 笑

Re: タイトルなし

Dear Yan

thanks for your comment

是非英語でコーチングしてみてください^^

この人凄いですね。見てると凄く参考になります。速いですし、何より気持ちが強いですね。
そういえばノルウェーにも小柄でスピードがあってトリッキーなプレーをする若いセンタープレーヤーがいたと思うのですが、名前ご存知ですか?

タチアナちゃんは去年のジャパンカップに来てましたね。確か敢闘賞をもらってました。光ってましたがスター候補生だったんですね。

Re: タイトルなし

Dear haze

thanks for your comment

そうなんですよ^^すごいですよ^^ただここ1年くらいは。あまり積極性がでないかんじなんでなんとかあの切れ味を戻してもらいたいです

ノルウェーのその選手は知らないです^^


ちょっとチェックしてみます^^

Re: タイトルなし

Dear Han-mani

thanks for your comment

来てましたね^^僕も見てましたよ 彼女を特に観てました^^

なかなかぶち抜いてましたよね相手DFを

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。