にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜハンドボールはヨーロッパ諸国が異常に強いのか??指導者育成システムの解明

Yo Bros

女子世界選手権観てますか??

フランスが日本をスコスコにしましたね

ロシアが韓国をスコスコにしましたね

デンマークがウルグアイをスコスコにしましたね

スウェーデンがアルゼンチンをスコスコにしましたね





いつものようにヨーロッパ勢優勢の世界選手権



皆さん疑問に思ったことはありませんか??



なんでヨーロッパだけがそんなに異常に強いんだろうって


流行ってるから??人気だから??


とまぁ東アジアの島国からではつかみきれないその謎を、僕は少し解明できた気がしたので

ヨーロッパ指導者育成システムと絡めて書いていこうと思います







まずEHFにはRINCKという議会が存在します(ジェダイ評議会みたいなもんです)


そこではEHF加盟国代表が集まって、ヨーロッパ全土での指導者育成のカリキュラムを全て同じカリキュラムに統一しています(ジェダイマスターへの道のりを決める、みたいなもんです)


つまりですね


フランスだろうが、デンマークだろうが、スウェーデンだろうが、クロアチアだろうが指導者育成プログラムの内容が基本的に一緒なわけです


ヨーロッパのどの国でライセンスをとってもそれはヨーロッパのどこでも効力を発揮します


さらに例えば、デンマークの投げ方だったり、フランスのフィジカルプレパレーションだったり、ドイツのオールラウンダー性だったり、各国の特色はRINCKで話し合って、「いいものは全部共有」しちゃいましょう的な感じでどんどん指導者育成カリキュラムに付け加えられていきます


これは、どういうことかというと


ヨーロッパのある国で何かすごい戦術、技術、育成方法が生まれた場合、一瞬でヨーロッパ全土にそれが広まるということです


だからヨーロッパはどこか1つの国が強くなると、同時にヨーロッパ全体の底上げがなされるようなシステムになっているわけです


頭いいなこのシステムと思わずなっとくしてしまったのですが



セットオフェンスでピヴォットを相手アウトサイドDFにぶつけるのを、ヨーロッパの国々がみんなバカの1つ覚えみたいにやってたのもこれで納得がいきますよね

ジュニア育成もフランス、ドイツを筆頭にデンマークにも普及したりとかも



大陸レヴェルでの指導者育成カリキュラムの一貫化

そんな恐ろしいことを彼らはしています



少しはヨーロッパが強い理由が分かっていただけたでしょうか??


エジプトやチュニジアなど意外にヨーロッパに近い国々にも同じことが言えると思います

もし日本がヨーロッパに近い位置だったら、きっと今より数段強い国になってると思います


そんな彼らの指導者育成システムは



4つのレヴェルがあり

レヴェル1→おそらく日本体育協会公認スポーツ指導者

レヴェル2→おそらく日本体育協会公認コーチ

レヴェル3→おそらく日本体育協会公認上級コーチ


そして日本には存在しないコーチライセンスの最高峰

レヴェル4のEHFマスターコーチ


で、来年のトップコーチセミナーの時に同じセルビアのホテルや体育館で同時開催でRINCKオープンマスターコーチコースっていうのがあります(新しく出来た、集中開催タイプのマスターコーチコース)



TOPコーチセミナーだけじゃ既に満足できなくたった私ヨシム


EHFのお偉いさんにメールで「参加できないか?」と聞いたら


OKされました 笑


え、じゃあライセンスはもらえるの??と聞いたら


NO

あくまでゲストとしてだと言われました



僕は日本でレヴェル2にそうとする資格を持ってるんだけどダメか?と聞いたら

EHFではジャパンの資格は審査対象にならない

と言われました


ここでそのEHFのお偉いさんからRINCKに関する資料を送られて、とりあえず読めと言われました


読んだら納得したので(通常マスターコーチになるには最短6年くらいかかる)

ガッカリやで(そんなに海外に滞在できない)

と思っていたら


またメールが来て




ただし、デンマークハンドボール協会が、僕を正式なEHFマスターコーチ参加生として認めた場合、3回の講習(セルビア、オーストリア、オランダで各5日間くらい)


で君の実力にあったライセンスをあげるよ




と言われました




キターーーーーーーーーーーーーーー


うまくいけば、日本にいながらEHFマスターコーチになれる道を僕の後に続く人たちに残せるかもしれません



日本で公認コーチコースを取る→デンマークハンドボール協会に打診→EHFマスターコーチコースという

デンマーク経由ヨーロッパ行きって感じで^^



あとはデンマークハンドボール協会に「YESかハイか」と詰め寄るだけです^^








もしかしたら、1年か、2年後、僕は日本人初のEHFマスターコーチになっているかもしれません



それが実現できるかどうかは、結局自分次第ですが


遠い日本から見守っててください^^EHFに風穴を開けてきます

そしてもちろん講習の内容もこのブログで公開しようと思ってます




あぁ、どんどん日本人的な性格から遠のいてってる気がする


まぁそれはもともとか




See You^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

すごいですね!
なんだかどんどんステップアップしていきますねw
応援しています!
僕はYoshimハンドボール塾にどんどん感化されて同級生に受験勉強しろよといわれながらハンドボール動画に没頭する毎日です・・・w

ところで質問なんですが・・・
最近ブンデスリーガとか見始めたんですがやはりチームごとに特色とかあるんでしょうか?
知っていたら教えていただきたいです!

本当に期待してます!ぜひ後に続きたいです。
日本もせめて韓国と協力関係つよくするとかあってもいいかもしれませんね。

凄いシステムですね。どうりで強い訳だ…。

それはそうと(←あえて)

リュック・アバロという、肩でジャンプする選手がいるって…。
これですか?

YouTube
「Luc Abalo top 10 goals」の2:00前後のプレーです。

もはや人間じゃないですね(苦笑)。

期待してます。
自分も後に続きたいと思います。

またまたすみません。
そういえば、海外ってボールの空気はどれくらい入れてますか?
前に、例の雑誌で取り上げられてて…。

日本協会のを見ると、

モルテン社製ボール
アセンテック ヌエバX5000 170hpa (すべての種別)

ヌエバX4000、X3600 成年 320±20hPa
同上 少年 300±20hPa

ミカサ社製ボール
新球、現球ともに 成年 300±20hPa
少年 300±20hPa

何故か、1番上の日本リーグ使用球だけ空気圧が半分という規定らしい…(笑)
なかなか屋内で松やにを使えない分、空気は抜いた方がいいのでは?(特に小中高生)と思ってしまいます。

すげえw
頑張ってください!

未来の日本のハンドボール界のためにw

どんどんBIGになってますね^^
すごいや^^;

Re: タイトルなし

Dear Ky

thanks for your comment

Yoshimハンドボール塾ってグッドなネームじゃないですか^^ブログのサブタイトルに加えようかな 笑

応援ありがとうございます^^

ブンデスリーガですか??多分僕より詳しいこのブログ読者がきっとyouに教えてくれると思いますが、まずは私の見解を、だいたいドイツのチームは流動的なポジションチェンジが多めのツイスターハンドボールですがフッセ・ベルリンとかキールは美しいハンドボールをすると思います ハンブルグは激しい感じのプレーが多いかな ラインネッカーはとりあえずゲンスハイマーっていう左サイドの選手を見ておけばいいと思います^^

Re: タイトルなし

dear Yan

thanks for your comment

期待してください。そういう後ろからの追い風の力を僕は結構信じてます^^

で、Yanさんも後ろに続いて最終的に僕よりすごくなってくださいね。じゃないと発展していかないんで

アジアハンドボール連盟マスターコーチっていうのが出来て欲しいですね^^

Re: タイトルなし

Dear Paw

thanks for your comment

すごい頭いいシステムですよね

リュック・アバロはまさにこいつです

彼はすごいですよ本当に^^

anywayの使い方に満足したyouにもう1つのanywayの使い方を伝授しようと思います


anywayを文の最後に持ってくると、「とりあえず」とか「どっちみち」とかそういう意味になります




Thank you anyway って感じで 説明するのが面倒なときに「とにかくありがとう」って感じで使ったり僕はしてます

ゲームとかしてて、YOU can't win anywayって感じで「どっちみち勝てないよ」とかもよく使いますね

Re: タイトルなし

Dear Okinawa

thanks for your comment

是非期待してください

そういうのが援護射撃になります^^

後に続いて僕より凄くなってくださいね^^

Re: タイトルなし

Dear Paw

thanks for your comment

ボールの空気圧の規定は確かハンドボールのルールブックにはないはずなので

こっちでは適当だと思いますよ


なんで海外と違うってわかってるのに変わらないと思いますか??


多分、今までと一緒がいいっていうそれが日本の文化だからだと僕は思います

目上の人に意見を言うこと自体が失礼にあたるという日本文化が少なからず影響してると思います

こっちでは先生を呼び捨てですからね まぁそういう文化なんですけど

Re: タイトルなし

Dear Kan

thanks for your comment

未来のハンドボールのためにがんばりますよ^^

僕で出来たんだから kanさんでもできます!!

Re: タイトルなし

Dear a-respect1

thanks for your comment

まだ実際には何も獲得していないんでビッグになれるかどうかは6月にならないとわからないですね

ただ、行動することに関しては、日本にいた頃とは比べ物にならないくらいすごくなったと思います

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Dear WIN

thanks for your comment

デンマークの高校生・大学生の練習量は所属しているクラブのディヴィジョンで変わってくると思います

3,2部なら週2日でウエイトとかは個人負担でしょう

1部なら週3日

スーパーリーガなら基本的に毎日2部連らしいです(フィジカルプレパレーション系と戦術系をそれぞれ午前・午後)

これとは別にエリートプレーヤーに選ばれたら、地区選抜みたいな感じで集まって練習とかをするみたいです

あとは学校にハンドボールの授業が盛んにある学校にいけばもっと練習することができるのかなと


意外かもしれませんがそんなに練習は多くないですし、練習時間も1時間半くらいです

でも高校生にしてハンドボールを12年やってたりとかする子ばっかです


ヨーロッパと日本では現段階では根本的にハンドボールトレーニングの構造が違うのが現状ですかね^^

またどんどん質問してください^^

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。