にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークのフィジカルトレーニング事情

今日は

リクエストにお答えして

デンマークのフィジカルトレーニング事情を話しつつ、そこからハンドボールのフィジカルトレーニングとはどういうものかというところまで膨らませていきたいと思います


まずですね

ハンスに(この学校にいる、認めたくはないがEHFマスターコーチののんびりおじいちゃん)

なんで近年(2007年あたりから)のデンマーク男子はそんなに強くなったんだ??

と聞いたら

指導者育成とフィジカルトレーニング
と答えていました




そしてデンマークのフィジカルトレーニングを語る上で僕がどうしても紹介したい国フランス



いつもお前はフランスを紹介してるじゃねーか


とトレビアンな方々に突っ込まれそうですが


フランス男子の20年の歩みのDVDを見ていたら、フランスが1995年の世界選手権でNO.1に上り詰めたのも

フィジカルトレーニングだった
 と多分言っていました


そしてフランスを破りかけた1997年の日本もやはりフィジカルトレーニングで一応成功しています


1990年代はフィジカルトレーニングと言えばいわゆるウエイトトレーニングやただダッシュするトレーニングが流行であり、それに乗っかればそれなりの効果が期待できた、ということですね

それはハンドボールだけではなくサッカーでも


ただ、そこから世界のハンドボールのフィジカルトレーニング事情はどんどん発展していったと思います。サッカーのフィジカルトーレニングが進化したように






現在のデンマークで良く見る育成世代のフィジカルトレーニングは、フランスの現在のフィジカルトレーニングと非常によく似ており、


それはPHYSICAL PREPARATION(フランス語でpréparation physique 日本語でフィジカルプレパレーション)

と呼ばれています


きついことをするっていうふうに捉えられがちなトレーニングではなくて、あくまでプレパレーションの準備であるというニュアンスですね

もちろん彼らはウエイトトレーニングもしますが、それだけではないってことですね


どんな感じかというと



こんな感じです

自体重を利用したちょっとしたエクササイズ×技術トレーニングとミックス系の練習です(これは一例ですが)

日本の3ポイントシュートのかわりにこんな感じでデンマークの子たちはシュートを打ってることが多いです



僕が高校生の時に、三重の本田の体育館で練習したとき、本田技研のフィジカルトレーニングはまさにこれでした

ストックランとヴォルがコーチしてくれたんですけど、まさにこんな感じでした


日本の育成世代ではほぼお目にかかれませんが、彼らのフィジカルトレーニングっていうのはこういうのも指してます

ぜひみなさん試してみてください 多分シュート確率が低下する子がでてくると思います^^


明日も引き続きフィジカルプレパレーションを紹介したいと思います 
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

高校・大学生は、見合った食事だと常に思います。
タンパク質が足りんとです。


まさにコートの中にディズニーランドって感じですねw
この動画のリンクから見られる他のトレーニング動画も参考になりますね。。。

いろんなアトラクションがあって楽しそうですw

リクエストにお応えしていただきありがとうございます!(^^)!
試してみたいと思います。

またまたリクエストですが、ラン系のトレーニングも教えていただきたいですm(_ _)m

ただキツイだけの気合いだ、根性だのものとは全く違いますね!
ポジションによってトレーニングが違うのも面白いです。

これ見ると、ちょっとだけ違うけど
中学時代に本田の選手やバイオレットアイリスの選手に手伝ってもらったの思い出して懐かしいw


小学生の子も本田の体育館で、こんなこと
やってますけど、珍しいことだったんですね・・・

サーキットトレーニング

Hi! Nice to meet you:)
出村の大学の先輩で、ハンスさんが日本に来たとき、ちょっと通訳してた者です。吉村さんのブログおもしろいです!ちょくちょくコメントさせていただきます!
ヨーロッパは動き作りを含めたサーキットトレーニングが多い気がしますが、どう思いますか?フィジカル作りと同時に動き作りもしてのかなと思います。

このトレーニングだと、きついイメージを持たないで取り組むことができますね!
面白いです。
このトレーニングにそのままDF もつけて一対一とかもしますか?(ToT)

日本のフィジカルトレーニングは古い?!ですよね。
吉村さんは分かると思いますが、三輪先生から借りている20年度の指導者講習会報告書には、このようなことは書いていなかったです。
体力面などに関して、データしか書かれてなくて。

Re: タイトルなし

Dear Rupla at Matsu

thanks for your comment

食事は大切ですね^^タンパク質は1日体重1キログラム当たり2gの摂取って言われてますよね^^

Re: タイトルなし

Dear m.n

thanks for your comment

コート上にディズニーランド建設してますよね本当に^^

でもこんな感じです!!

日本だとこれをつくっているところを人に見られただけで恥ずかしいって思いそうですよね^^

Re: タイトルなし

Dear er

thanks for your comment

ラン系のトレーニング、アップしておきました^^

Re: タイトルなし

Dear Zen

thanks for your comment

こっちだとフィジカルトレーニングの解釈がめちゃめちゃ広いんで、きついのもありますけどそうじゃないのももちろんあります

よく考えられてますよね、選手が飽きないように

Re: タイトルなし

Dear Kan

thanks for your comment

やっぱり三重は日本のフランスですよね^^

ヴォルとストックランが残したものだと思います

しかし残念ながら広まらないんですよね日本という国では

Re: サーキットトレーニング

Dear Yan

thanks for your comment & nice to meet you^^

あー出村の!!いやDE村の 笑 ブログについてそう言っていただいてありがとうございます。とても勇気がでます^^ ちょくちょくコメントしてください!! とても良い質問だと思います。まさにサーキットトレーニングが主流です。それプラス技術トレーニングや動きづくりってかんじですね^^ フィジカルトレーニングとゲームを切り離してない感じのトレーニングが多いです。全部ではないですが^^

Re: タイトルなし

Dear Okinawa

thanks for your comment

色々指導者のアイデアしだいなんでもちろんDFをつけてもやれると思いますよ^^

今Youは日本のトレーニングというかハンドボールの実態を知ってしまおうとしていると思います

しれば知るほど、世界からいかに遠いかがわかると思います

育成世代で3角パスをしているところはもはやヨーロッパのどの国にもほぼ存在しないでしょう

しかし東アジアの小さい島国では未だにノーミスで100回とかをしているところがあるっていう

埋めがたい距離を

きっと三輪先生と勉強していくと知ると思いますよ^^

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。