にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルテンさんとのミーティング

Yo Bros

昨日はモルテンさんに送ったメールがきっかけで実現したアンケートが縁で三河支部担当の竹村さんと尾張支部担当の小田さんと会ってきました。

お二人ともすごく好意的に接していただいてとても楽しい時間を過ごせました。

これからもよろしくおねがいします。

そこで、せっかくなので、色々お聞きしたことをここにまとめてのっけようと思います。


まず、ハンドボールのボールの開発について

セレクト社さんのボール最強説が近頃海外を意識したAYコペン派では飛び交っていましたが


どうもセレクト社さんのボールは耐久性があまり無いらしいです。そこに目をつけてモルテンさんは耐久性というのを1つセールスポイントに挙げているらしいです。



次にマツヤニに関してはあまり海外のマツヤニをしらないらしく

ハーピクスをモルテンさんに届ければまた何か起こりそうな予感がします^^

生えてる松の種類が違うから粘着力が違うのか否かっていうところを確かめるよい機会になりそうだと^^




我が最愛の友クリアーグリップについては、開発して実は3年たっていたそうで、発売当初はよく色々と市場が動いたらしいですが、いまはあまりだとか


確かに専門的にプレーする選手達にとってはまだまだ解決しなければならない問題があるでしょう



アンケート結果が物語っているように(妥当性、信頼性はとりあえず置いておいて)

一般人にハンドボールをさせるときに、まぁ体育とかでもいいんですが


あれで十分だと思います。がんばってはやらせましょう

じゃあ肝心の小学校、中学、高校、大学でハンドボールを専門的にやっている子達はどうなるんだよ


と思う方もおいででしょう



そんな方に朗報です


なんと、私 ラ アカンブレイ ヨシムが講習会とかを開催する時に、竹村さんや小田さんの協力を経て

クリアーグリップと使用するボールを提供していただけるかもしれない可能性が非常に高いお話を頂きました。


両面テープのほうがいいのか、クリアーグリップのほうがいいのかを数字でだすためには

生徒達に講習会が終わった後にアンケートを書いていただくのも必須でしょう。


日本ハンドボールを変えたいそこの革新派指導者諸君

講習会のお話お待ちしております。

吉村晃現るところにモルテンありと言わせてみせます

こうやって僕ら革新派指導者軍団が講習会を開けば開くほど、もしかしたら10年後両面テープがハンドボール界から消えているかもしれません。



日本ハンドボール界の未来を一緒にワンハンドキャッチしましょう^^


ではでは
スポンサーサイト

Go To German!!

Yo Bros

昨日懐かしいやつから電話がかかってきて、「僕の新聞記事を読んだ後輩がドイツに学校の語学留学制度で行ってハンドボールのコーチングとかもついでに学びたいらしいんですー」


って


ことだったんで



とりあえず連絡をとってみました






そして



そーいやおれドイツ行った事ねーわー



ってなり




どうしよっかなーと思ってたインフロントオブザアロー(矢先)



そうか

AYコペン派のみんなに聞けばいいんだと



ということで、ハイデルベルグ辺りのハンドボール事情とかをチラッと知っている方^^

コメントをよろしくおねがいします。



でもブログのコメントってローカルでわかりやすいんだけどめんどくさいんだよなー




というフェイスブック派のみなさん



お待たせしました。



作ってしまいました。

フェイスブックページ


まぁ思いつくけどそんなにがっつりきめ細かくは作りきらない男

ヨシムがつくったらこんなもんかって感じの

そのなもAY-Copenhagen X

http://www.facebook.com/pages/Ay-Copenhagen-X/314629345304292


ペーパーでZ ウェブでX的な感じでやってこうかなと思います。


コメントがめんどくさかったら


そっちに書いてくれてもOKです


とりあえずスタートしたばっかなんでなんかアイデアあったらください^^



ちなみにコーチングに興味があるその子はなんと


ガールですよ^^


日本のハンドボールの何かが少しずつかわりはじめているのかもしれませんね^^

ではでは^^

2月11日の講習会の感想(先生方編)

Yo Bros

今日はこの前やったAY-Copenhagenハンドボール講習会の感想を載せようかなと

まずは先生方のを載せようと思います。


いつも生徒に講師の先生が教えて、引率の顧問の先生はメモとってばっか

ってのがつまらないと感じたので


先生方もコーチの勉強を実践してもらおうと思い。


午前中は「超簡単な課題を所属している学校以外の生徒に対してコーチングする」

ということをしました。

午後はいかにしてゲームを戦うかということをテーマに練習試合に色々ルールを課したりしてベンチワークだったり、レフェリングだったりの実践編を行いました。

以下はその感想です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

斬新だった。ウォーミングアップがよかった。試合につながるアップだった。もくもくと打ち込むだけがアップではない。楽しく運動量が確保できるのがあるのかと思った。コーチングを実際にやったのがよかった(^^)






簡単なことをピックアップしてやった いろいろなセッションがあり、全員参加型で素晴らしかった。






本当にありがとうございました。今日の感想、ちょっと長くなりますよ。


◆講習会のスタイル
・指導者にとっても適度な課題があって、よかったと思います。生徒に「受け身じゃダメだ」と言っている訳ですから、こっちも汗かかないと、と自分に言い聞かせてやりました。

・生徒は、映像と共に「セッション毎の課題→実施後に簡単な評価を聞く」というスタイルで、テーマの理解や区切りがはっきりして、やりやすかったと思います。


◆講習会の内容
・画像があったので生徒はイメージしやすかったです。

・試合形式の中に制約をつけることは普段の練習試合ではあまりやり(やれ)ません。お互いのチーム(監督)のへ提案、生徒にはその意味付けを徹底していただき、課題のあるゲーム形式で有り難かったです。


◆その他(リクエスト含)
・フリーアームは、今日一日で身につくものではないとは思いますが、もう少し踏み込んで(DFやGKとの駆け引きなど)時間かけて教えてもらえるとよかったかな、と思いました。


・中京大学の使える学生をデモンストレーションで使ったりすると、高校生にはさらに身近なナマのお手本になるし、学生にもティーチングの機会になって、両者お得かも?


・次は個人技能として、ヨーロッパの1:1のDF.OFの練習方法や、小道具使った練習メニューを教えて下さい

◆独り言で~す✋

練習の合間に掛けてもらった言葉で「ハンドボールを通じて人生を学ぶ」とか「お前達が諦める理由は1㌘もない」とか、心に残りました。
今、世間で体罰問題とかスポーツの指導の在り方とか問われてて、教育活動の中の「部活」として「ハンドボール」を教える、となると、やれ挨拶、時間、チーム約束、目標達成…、みたいなこと(ウチの場合は、自分の物は自分で管理する、といったレベルまで)を教えることを「ハンドボールの混ぜ込みご飯」みたいにして教えてます。

それが教育としては「人生を学ぶ、人生に活かす」に繋がるとは思いますが、もっとダイレクトに、

「どうしたらハンドボールが上手くなるかを考えていれば、人生が学べるやん!」と、素直に思えました。

それは、「スポーツは受け身じゃ、ダメだ。もっとクリエイティブな活動だ」という吉村さんの言葉に凝縮されてたかな、と思います。


合成のスタッフになる来シーズンからはこんな気軽に講習会も頼めないのかな?


休日ももちろん忙しくなるだろうし、そもそも、そういう立場で高校生などに講師として教えることが可能かどうかの事情もよくわかりませんが、機会があればまたぜひお願いしたいです。


長々とすみませんね。

改めてお疲れ様でした&ありがとうございました。
またいろいろ教えて下さい(ウラ事情とか笑えるネタも!)。

では、また次の機会があることを願っています
おやすみなさ~い

2月11日の講習会の感想(先生方編) その2

Yo Bros

なんか上手く全文が反映されなかったので

こっちに残りの感想を載せておきます。






------------------------------------------------------------------------------------------------------
本日の講習会に参加させていただきありがとうございました。
普段から生徒にかんがえさせながらプレーすることに目標にさせているので、本日のウォームアップはとても参考になりました。
フリーアームによる投げ方やテーマをいれた試合形式の練習等も学ぶことが有意義な一日でした。

まだまだ教えていただきたいこともあるので、今後ともよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

お疲れ様!
めちゃいい感じで感謝感激!
出だしの5分の大切さとか、ベンチの指示がいかに伝わってないかという
普段言ってるつもりだったけど、分かりやすい実践で生徒に伝わって良かった!
ありがとう~

-------------------------------------------------------------------------------------------------------









次につながりそうな熱い講習会が出来た気がします^^

先生方、是非また聖地豊田市運動公園体育館でやりましょう^^

単なるハンドボールブログ以上の存在

Yo Bros

今日は新しい試みをついに試す時がきました。

何のことは無い、誰でも思いつき、すでにそれをしている団体もあるのに

なぜだか自分がやると、自分の思考の枠にはまってしまい、気づかない。


(ほぼ)毎日ブログを更新するにはどうしたらいいか


それに気づくのに1年かかりました。


そう、「自分が無理なら違うやつに書かせればいいんだ」

です。



めんどくさいからではないですよー 多分

チームの精神ですよーあくまで 笑


そしたらパッとアイデアが白いご飯を彩るのりたまのごとく降ってきて

バルサ的な感じにしようと思いつきました^^



Ms Que Un Club(単なるクラブ以上の存在)

というバルサのスローガンを思いっきり真似て

Ms Que Un Handball blog.

です^^


さらに AY-Copenhagen 育ちの選手に積極的に書かせる(勝手に)


というカンテラ→トップチームの一貫化もやってやろうということで


この進化するブログAYコペンはデンマークリーグでプレーしている

門山さん

じゃなくて

DE村

じゃなくて


AY版イニエスタの田中をコラムニストにしました。

彼のようなノンキャリアの子がいったい現地でどう感じているのかを彼の目線で語ってくれることは、日本のこれから海外へハンドボール留学なり語学留学とプレーを考えている子達にきっと影響を与えてくれると思います。

彼への質問もどしどしかいてやってください。


前置きがながくなりましたが、ではどうぞ^^

------------------------------------------------------------------------------------------------------
みなさんお久しぶりです。田中です。吉村さんにはすごくお世話になって感謝しています。
僕が実際デンマークでどういうふうなハンドボールをしているかというと

この前の試合の結果は28:40で負けちゃいました。僕は35分出場で3得点の8アシストでした。

ちなみにポジションは右45です。本当はセンターやりたいんですけどね、、、

ポストパスやペナルティーでアシストして、カットインで得点しました。てかペナルティー取るのってアシストに

なりますかね?ならなかったら4アシストです、、、

僕のチームはパスまわししないですぐにシュート打っちゃうんで、ズラしてシュートっていう形はほとんど起こりません。

なんでここで点を取るためには、単発でシュートまで持ってくしかないんですよね。(これがつらいところなんですけど、おかげで1:1と2:2のスキルはかなり上がりました)


一人で点を取るためにどうしたらいいかずっと考えているんで、戦術とか、システムとかはほとんど考えてないですね笑

目の前にポストが居なかったら全力で1:1しかけにいきます(今肘怪我してシュートが打てないんで、ここでの1:1はカットインです。)

基本的に皆動きが遅いんで、半身ズラスのは簡単なんですけど、その後に腕一本で守られるんでどのフェイントにしても結局どうやって相手DFの腕をかわすかを考えてます。

DE村さんは止めにきてる腕に触られないように片方の肩を引くって言ってたんですけど、難しすぎて習得できませんでした。

僕はボールをキープしていない腕でDFの腕を自分に引き寄せながら体を入れるようにしています。言葉じゃ分かりずらいですかね笑。

最後はパスフェイント入れて無理な体勢でもシュートまで行きます。パスは出す気さらさらないんで

、、、じゃなくて松ヤニ着き過ぎて相手に掴まれながらだと正確なパス出せないんですよね笑。だからEHFの試合とか見てるとあいつらのボールコントロールにはホント驚かされてます。

目の前にポストが居たら、ポストの対角に入るパターンと、ポストの正面に入るパターンと、DF2人の間に入るパターンと3種類を使い分けてます。

それぞれの攻め方のアイデアは誰でも思いつくような事だと思うんですけど、いざ徹底してやろうとするといろんな問題が出てきて、試行錯誤しながら自分なりに考えてやってます。

まー今まで見てこなかった細かい動きに注意してプレーしてますよ。実際にアキラさんにあって僕のやってる事を伝えたいんですけど、言葉じゃ説明するの難しいですねー。

お手本はスペインの選手とかポーランド代表のヤスカとかをみて勉強してます。スピードゼロの状態からポストパスかシュートまで行ってる選手を見ると興奮しますねー。


今日はこの辺で^^ 

デンマークリーグを戦う時に意識している点

Hi Guys!! 田中です。こっちでは ヨシって呼ばれてます。

いやーあきらさんってほんとにイケメンですよね^^

このブログの右のコメントバルーンの下に僕のいるチームバナーがあるんでそこをクリックするとHPに飛びます^^

もしよかったら見てみてください^^僕も写ってますよ^^

anyway

一番ここを意識してプレーしてるっていうのは、メンタルですね^^


DFの体がどんなにでかくても怪我を怖がらないで体をねじ込むとか、危ないDFされても

「まーこういう事もあるか」

って具合にその場はながして切り替えるとか、一回オーバーやチャージ取られたくらいじゃあきらめないでもう一回やってみるとか、

「いや、レフそれはひどいよ」

って思ったらレフリーに話しかけるとか、チームメイトに「パス出せ!」「それは単発だろ!」とか怒鳴られても動揺しないでプレーし続けるとか、

チームメイトに「ヘイ!俺にパス出せ!点とれるから!!」って大声で言ってみたり、

ベンチに座りながらおれが出た方が点とれるって思ったらコーチに「ねえ俺だしてよ、あいつより点とれるから」

って言ってみたりとか、一回得点できたプレーはミスするまで繰り返ししつこくやるとか、

やってますよ。



僕はここで活躍するためには、こういう能力というか、メンタルが一番必要だって思いましたねー。こっちじゃ皆

やってますから。



僕にはこういう力がすごく足りないって来た時に感じました。


英語しゃべれないだけで可愛い女の子にも話しかけれなかったですからね、、、


分かんなかったらその場で聞いて、やりたかったらその場でやるっていうのが大事だと思います。ハンドボールめ

ちゃくちゃ上手くなりたいっすからね。全部自分からアクション起こさなきゃ駄目なんですよねー。


自分の人生ですしね。

 ではでは^^

AY-Copenhagen講習会のスタイル1

Yo Bros

ボンジーア ボンジーア


なんか、僕より田中のほうが人気がでそうな雰囲気をビンビン感じてい男

ラ・ヨシムです


The 危機感!!!!!!!!!!!!!!!!!


まぁいいんですけどねー^^むしろ田中ってこんなかっちょいいこというやつだったっけ?って

ちょっと感動してます^^

やっぱ自分で道切り開いてく人は成長してくなと思いました。

彼が書いてくれて僕の負担が軽くなったところで

色々このブログの周りにくっついてるプラグインとかを整理したり

AYコペンハーゲン指導者講習会とかの管理とかをしたいなーと思っとります^^

まぁ僕もブログをもちろん書きますが^^


いいアイデアがたくさん出てきたのでそれを少しずつ形にしていきたいなと^^

最初はただの怪しいハンドボール好きコーチのブログだったのが

今やなにやら世界と日本をつなぐブリッジのような存在になりつつあることに

凄く成長したなと思います。ブログとして^^



anyway

いったい僕は自分なりに講習会をどう行ったか

ですが

「使える英語を話せるようになろう」

という感じで


「使える英語をしゃべりたかったら、実際に初めて会った外国人としゃべらな上手くは絶対にならない」

ということで

「指導者としてレベルを上げたかったら、実際に始めた会った子達に指導しなきゃあかん」

という基本中の基本をしっかりと抑えた講習会にしました。


そして「受付にマックのパソコンが置いてある店には客が入る」という僕の勝手な営業哲学をもとに


パソコンやプロジェクターなどを駆使して映像もガンガン見せました。

ジョブスのPCではなくゲイツのやつしかまだ持ってはいませんが^^



基本的に対象の指導者、選手のレベル、は


地区予選1回戦敗退レベルです。

そうです、どの大会もこれ以上下のレベルは存在しません 笑


そこから講習会の中でどれだけ成長できるかは個人次第ですし、もともと能力のある指導者、選手にはそれ相応の

課題を与えれるようにフレキシブルに対応します。


教えるのは、コーチング、プレーにおける


個人技!!!!!!!


やっぱりヨーロッパから帰ってきた人に教えられたら、今まで自分(先生)が教えてきたことが間違いじゃないかって生徒に思われてしまうんではないか



思う人も多いと思います。


またはヨーロッパがどうかしらんがとりあえず自分(先生)のハンドボール哲学と違うと


そこで、僕は個人技を教えることをメインテーマに設定しました。

哲学っていうのは大体チームとしてどうあるべきかがメインテーマになっていますからね^^


その感想の1つがこれですね^^(みなさんには後で全部みれるようにしいます!!)



「フリーアームの投げ方を知ると、とてもボールが良く飛んで驚きました。」

という生徒の感想がありました。


そうです。


関口博、日本広しといえど、フリーアームをしっかりと生徒のレベルに合わせて教えれる指導者は


お世辞じゃなくて僕以外、講習を受けた4人の先生方しかいないと思います。全国に5人しかいないと思います。



また、指導者として一番大切なのは「ウォーミングアップ(最初の段階)でどれだけ選手の心をつかめるか」にかかっています。

だからウォーミングアップでのコーチングスキルをまず最初に学んでもらいました^^


僕の頭の中を全部は書けていませんが、こんな感じで今までの日本のどの講習会スタイルにもあてはまらない

フランスのDF並み、バリッチの個人技波並みな講習会スタイルを披露できたかなと思います。


本当はまだもう2,3個重要なポイントがあるのですが、それはまた明日書きます^^


興味があるハンドボール指導者の初心者の方は是非ご連絡ください^^

AYコペンハーゲンはいつもシャイな素人指導者のみなさんのすぐ前をタラタラ・・・じゃなくてゆっくりと歩調を合わせて走っています^^

フリーアームを教えれたら、指導者として、かっこいいとは思いませんか??

これが世界最高峰の投げ方の1つだと^^

AY-Copenhagen講習会のスタイル2

Yo Bros

昨日の続きであります^^

メインテーマは個人技

と書きましたが


何も逆スピンなどの技術だけではありません。

それを教えても、受身な子はそれを繰り返し100万回やれと先生に言われてやってそれで終わりです。

なにも彼らの心には残りません。

日本のハンドボールをやっている子に凄く受身な子が多いのは前にも書きましたが


このハンドボーラーに多い受身でシャイな気質をどう変えていくかも、個人技のテーマに入っています。


いうなれば


自分の人生が1つの「ジンセイ」っていうスポーツだったら、貴方は個人技として何をもっていますか??

ってことです。


「努力できること」

立派な個人技です 


「顔が良い」

まさに持って生まれた天賦の才でしょう


そんな感じで

じゃあハンドボールに出会ったことで繰り出せるジンセイ最高の個人技は??

と聞かれたら


「でかい夢もて!!」

だと思うんです。


僕は幸い、「ハンドボールででかい夢もて」という言葉を何も恥ずかしくなく言えます。

自分がそうしてきたからです。

そして少しずつではありますが成功もしつつあると思います。(まだまだ長い道のりの最初のほうであることは自覚しております)



なにも指導者や選手だけではなくて

僕自身の個人技をフル活用して

モルテンさんのクリアーグリップを紹介したら、製品開発に興味が出る子が出てくるかもしれないし

英語やデンマーク語ををペラペラしゃべりながらコーチングしてたら外国語に興味が出る子が出てくるかもしれないし英語嫌いが直るかもしれません。

パソコンで動画編集したのを観たらそういうのに興味が出てくる子が出てくるかもしれません


自信満々で話す姿に憧れをもつ子もいるかもしれません。



そうやってただハンドボールを教えられる以上のものを僕から感じ取って、何でもいいからでかい夢をもってそれに向かって生きる子をたくさん育てれたらいいなと思っています。


でかい夢を持つことがどういうことかを伝えられるのは


でかい夢を持った人間だけだと思います。

日本のハンドボール界で

そういう事を思ったことのある人間は


やはり少ないでしょう。

それをもてた人間は、それを次世代に伝える義務があると僕は思います。

ぶっちゃけた話、ハンドボール経験者のためだけの講習会じゃなくても成立すると思います。




みんな今ジンセイというスポーツをプレーしていると思います。

僕のイメージですが

家族→日々のストレッチみたいな感じ、ケアを怠ると突然自分が怪我をする

仕事→フィジカルトレーニングみたいな感じ、つらいけどこれをしなきゃ始まらない

まぁこんなところでしょう



まとめると、ハンドボールの講習会で「生きる力」ってのを紹介したいなってことです^^


明日最後のパートを紹介してスタイル編は終わりです^^

昨日のブログを書いてから



講習会をしてくださいっていうお便りをすでに5件くらい頂きました^^

一昨日までには起こらなかったことです。

やっぱり行動を起こしたら、少しずつ昨日とは違う今日になっていくものだと思います

see you!!

我らノンキャリア組が海外でハンドボールするメリット

Hi guys

ヨシです。

いやーアキラさんって本当に男前ですよね!

なんか忙しかったらしく僕のテーマが先になりました(^^)



今回のテーマ『ノンキャリア組が海外でハンドボールするメリットは?』
注意:僕はデンマークの事しか知りませんので、フランスやドイツやスペインや他の国に行きたい人には参考にならないかもしれませんよー

1女の子めっちゃ綺麗。
説明不要。

2松ヤニでどんなプレーでも出来る。

こっちのボールだったら逆スピンは当たり前に誰でも出来きますよ。アキラさんが僕の前でやってたよく分かんない逆スピンも練習すればできるようになると思います(文章でなんて書いたら分かんない技術ですけど。)片手キャッ

チはテクニックいらないっすよ、ただ手のひらをボールに当てるだけでキャッチできます。最初は手の皮剥けて痛いけど慣れれば楽しいっすよ、ただ松ヤニ付きすぎてドリブルするのすごい難しいっすね。ちなみに僕はいつもキャッチボールの時に「投げ方Mikkelみたいにならんかなー」って考えながらやってます。どうでもいいっすね笑

3実力があればどのクラブでもプレーできる。
今まで3つのチームに練習しに行ったんですけど、どのチームも皆温かく向かい入れてくれました。^^特に覚えてる事があります。
いつもの時間に練習に行ってみたら、ホールの利用時間を別のチームとスイッチしてたらしく、全然知らない奴ばっかり集まってきてたんですよ。「うわーこいつら知らないわー、でもここはテンション上げて馴染んで帰ろう」って感じでチームの輪の中に入って行ったら、「おー!久しぶりー!!」ってまだ会った事もないのに言ってくれて、すぐに皆と仲良くなりましたねー、しかも最後にはビールまでくれて、、、。デンマーク人の個性なのか皆すごくオープンで馴染みやすいっすね。



続きはまた今度でーす!


See you!

本隊合流!!

Yo Bros

ヨシ  ムです^^

今日はお知らせを2つ


まず我らがメリスの店長さんより衝撃のコメントが届きました^^



---------------------------------------------------------------------------------------------------------
今この記事読みました。午前3時過ぎです。。。

先日こちらのブログを読んだ大学生の方からラインネッカーの練習を見たいと言うことでご連絡を頂きました。
それで丁度ラインネッカーに連絡を取ったところ、セカンドのチーム(なんと日本語で言うのでしょう?)だったら練習を見させてくれるそうです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


いいですねー、サッカーでたとえたら

んーアーセナルのセカンドチームの練習を観に行けるような感じでしょうか^^


こういうことも、誰かがブログで書かなきゃ成立しなかったことですよね^^日本のシャイハンドボールの場合


凄くうれしいです^^


そしてもう1つ


なんと私、3月の2,3に東京の駒沢大学で行われるコーチ・レフェリーシンポジウムの講師になりました。


受講生じゃないですよ!!

講師ですよ!!



ついに日本ハンドボール協会に合流しました^^

3年前は僕は単なる受講生で一番前に座っていましたが、講師の方々との距離5mは本当に遠く感じました。




ついにそのたった5mを埋めて

皆さんの前に立つまでになりました。

とても感慨深いです^^




語るテーマは


「ドイシェバエフのDF哲学」

世界を制したスペイン代表のDFにも影響を与えた彼の哲学を発表させていただきます。



誰かに認められてそこで活躍すると、またもっと上の誰かにも認められていくっていうのを繰り返して

頑張っていこうと思います。


最初に誰に認められていたかといえば


立場が同じか、もしかしたら僕よりもっと低いノンキャリのAYコペンファンのみなさんです^^

本当にいつも応援してくださってありがとうございます。

皆さんの期待以上のことをこのブログで表現できるようにこれからも頑張ります^^




勢いで申し込みたい方はここから ナルシス級のジャンプシュートしてください^^

コーチレフェリーシンポジウム申し込み


全国のAYファン諸君!!

3月の頭に東京で会おう!!


see you!!

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。