にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルテン クリアーグリップ

Yo Buddies

昨日キール対アトレティコの試合をみて

まぁゲームももちろん凄く面白かったんですけど


実況がチャンピオンズリーグ界の松木安太郎みたいな感じの人で(結構いろんな試合を実況してる)


きわどいプレーか自分のチームの選手が2分間退場になった ドイシェバエフの穏やかな態度や表情をみて(アトレティコの監督で日系人みたいな顔したロシア出身のスペイン国籍の80年台のスパースター)


彼ののことを

「青いポロシャツ着たガンジー」とか言ってました(そのときドイシェは青いポロシャツ着用)



いやーすごいセンスだなと感心してしまいました^^



早速僕もその表現を使おうと思いました

まぁ日本なんで


ガンジーじゃなくてブッダにしとこうかな^^


ANYWAY


今日スポーツショップをぶらついていたらこんなものを発見

clear grip

なんとマツヤニじゃないベタベタする水溶性のハンドボールワックス


なんとこんなすげーもんが日本にあったんかいと

即購入



家で実験したら


こんな感じ

CIMG2086.jpg

ハーピクスを10とするとこのクリアーグリップは6くらいな感じだけど結構くっつくし

まず臭くないし、透明だし、水でほんとに落ちるし


これをつけてハンドリングすると、確かに体育館でマツヤニを使ったときと似たようなボールハンドリングができます



両面テープにはない手のひらに粘着力がある状態もつくりだせるし


ちょっとこれで大学の非常勤のハンドボールの授業をやってみようかなと計画中です


ちょっとグーグルで検索したら、まだ誰もこれを使って体育館で練習した模様をブログに書いてない様子^^

8時だよ全員集合が

俺達ひょうきん族によって番組打ち切りにおいこまれたように


両面テープをクリアーグリップで引退させようという野望をヒソカに打ち立てました




いきなり体育館でマツヤニは厳しいかもしれないからまずはこれでいろいろ初心者の大学生に使わせて

片手キャッチさせてあげようと思います^^



んー楽しみになってきた^^

そんなモルテンのロゴの下に


For the Real Game

と書いてあるじゃありませんか

そうだよモルテンそうなんだよわかってるじゃん

マツヤニ使わないハンドボールはハンドボールじゃなくて別のスポーツなんだよ




ということで使った感想とかはまたブログでアップします^^


それでは今日はこの辺で


おまけ映像はアバロのすげー逆スピン

スポンサーサイト

クリアーグリップ 実用編

Yo Buddies

使ってきましたよクリアーグリップ

使う前から結構みんなにコメントをもらい


あまり評判がよろしくない様子


でも


南アフリカワールドカップ前のサッカー日本代表ほどではない^^


ということで迷わず使ったりました

clear grip

こいつに、お前は本田や

本田圭祐なんやって何回も語り掛けました

日本ハンドボール界をひっくりかえすんやと





結果は


僕の中では想像したよりは良いものだったと思います


それを具体的に語る前に・・・




僕の中で最大のテーマだったのは

マツヤニの代わりとして使えるものなのか

というよりも

両面テープの代わりとして使えるのか?

と言うところでした


さらにいうと、日本という限られた環境のなかで

初心者の段階から日本のハンドボールではなくて、世界水準の技術を習得させる事を目的としたハンドボールを展開できるのか


というきわめてトップレベルとはかけ離れた、むしろ部活としての熱いハンドボールとも少しかけ離れたいわば


ハンドボールのキャリアの最初の段階


に焦点を置いたものでした







プロでもなく大学でもなく高校でもなく中学でもなく



そうです、小学校3,4年のハンドボールキャリアから体育館でマツヤニという育成大国デンマークに非常に似た状況を作り出せるのでは?と思ったんです



ボールの表面が非常にネチネチした状態でのハンドボールに小学校中学年から慣れ親しむことができるんじゃないかと




そうして6年生になるころには、片手キャッチすることを普通と考え、スピンシュートを打つことを普通と考え、片手でボールを処理できるところは片手で処理するのが普通だと考えるプレーヤーになっているんではないかと


指導者に教えられたのではなくて



選手自身が、ハンドボールとはそういうスポーツだって感じれている状態になっているんじゃないかと



なんで片手でボールを取っちゃいけないの??だってとれるじゃん


って言う今までの日本には存在しなかった小学生ハンドボーラーを僕は作りたいんです^^

後になって今までやってきたのは世界に通じるハンドボールじゃなかったって気づいて修正する選手じゃなくて
最初から、世界水準を超えるものを身に着けている選手を作りたいんです


それがサッカーではメッシであり、ロナウドであると思います

彼らは途中で気づいたんではなくて、自分が思うサッカーって言うものを進化させていった結果ああなっていったんだと思います

アーセン・ベンゲルは「パスとは過去に出すものではない、未来に向かって出すものだ」と言いましたが



育成も同じだと思います。未来の選手を育成しなきゃいつまでたっても日本は変わらないと思います




クリアーグリップのもっともいい点は


ボールの表面がネバネバした状態を作り出せるってところです



次回は授業を行ってみて何が学生の身に起きたのかを語りたいと思います


僕が何をやりたいか少しはわかっていただけたでしょうか??



もし興味があれば小学生の中学年の子達に体育館で使わせてみてください^^


手に塗るんじゃなくてボールに塗るんですよーこれは



それではまた

クリアーグリップあれこれ

Yo Bros

今日はクリアーグリップを使ってみてどうだったかっていうのを書こうと思います。



良かった点

ボールの表面がネバネバしているので、日本女子代表がデンマーク女子代表とやったときのような、粘着力によるボールハンドリングのミスっていうのが多発



片手キャッチの増加 


男子のなかの感覚のいい子は一瞬でできるようになりました。

ドリブルしたボールを1ハンドキャッチとか相手のロングパスを1ハンドキャッチでインターセプトとか


女の子は両手でのキャッチミスの減少かな^^







フリーアームの獲得につながりそうである

Especially(特に) 女子


肘を上げて投げなさいという指示に対してきちんと肘が上がってくる投げ方の子が多く見られる(この辺は女子中高の指導者さんの泣き所でしょう、何べん言っても上がってこねーっていう感じで)



クリアーグリップの限界


ボールに塗るため、粘着力がなくなった場合、一回一回塗りなおしである

粘着力が消えていくのはマツヤニを使用してもそんなに変わらないと思うが(マツヤニも新しく付け足さないとボールはスルスルにすべるのは変わらないと思う)


最大の短所は
手にクリアーグリップをつけた場合そのクリアーグリップはすぐどこかへ消える というところですかね


これはボールにある程度の量が付着していることによってその効果を発揮するものと思われます

マツヤニは手につければそれはボールにもついてある程度残りますがクリアーグリップは塗りなおさないとダメっぽかったです。もしくはゲームしながら手に適量をつけてボールを触るとかしてボールにつければ

まぁ体育のゲームなので8分くらいしかやらないのでなんとか持つんですけど、実際のゲーム運営になると、チェンジボールをしなきゃなと思いました(でもそうすれば試合はちゃんとできると思います)


意外に評価された点


体育館の管理に携わっている助手さんに紹介したら、ものすごく絶賛されました 笑

マツヤニの被害で学生から苦情が殺到しているらしいです(僕が非常勤をしている体育館は基本的にマツヤニつかってOKなんですよ実は)


体育館の床に付着するかどうかついてですが、どこにクリアーグリップが着いているかはわかりませんでした


もともと透明なんであんま目立たなかったのかもしれません。付着が気になったエリアがあれば、雑巾で水拭きすれば事足りると思います。


結論

僕はこれからも使います^^ もちろん周囲の了解を得てですが^^ 両面テープをつかってても結局フロアには両面のカスが残るしおんなじだと思います。

そしてモルテンさんにはより一層の改良をお願いしたいです。


なーにそこは我らは発明民族日本人


やってできないことはないと信じています


ようは水では落ちず石鹸で落ちるように品種改良すればいいんですからね、あと透明っていうのも重要だと思います^^



両面テープでやってるハンドボールはまったくハンドボールじゃないです。育成段階のそこを変えれば、両面テープで育ってきた選手で世界ユースに今日本はいけるようになってきたんです。

ここを変えれば、世界選手権でメダルとかも夢じゃないと思うんだけどな^^



明日幸運にも中学生の講習会が市営のスポーツセンターの体育館であるのでそこで体育館側の許可をもらえば使ってみたいと思います^^

許可が出たら、ハンドボール界として熱いですよね^^

ヨシムハンドボール事情 最近編

Yo My Buddies

昨日愛知教員ハンドボールチームの練習に行ってきました^^

久々にハンドボールをしました。


おかげで今日凄く肩周りがだるいです


いやー感情表現豊かにプレーできて、いいメンバーにも恵まれてめずらしくすごく楽しいと思えた練習でした。


anyway

最近結構色々な形でハンドボールに関わっていたので今回はちょっとそれをまとめようかなと





クリアーグリップ

は使い続けてようやくギャルが興味を示してチューブを手にとって珍しそうに眺めてました。

でも水と石鹸で落ちなかったら怒るとかいうのでまぁ授業ではマツヤニ使用は無理だなという感じです^^上手く使ってやってますよ^^

名古屋駅歩いてて、マスカラばっちりマツゲばっちりカラコンばっちりのミニスカートはいててもいきなりボールが飛んできたら片手で取れ、そして前を狙って横の友達にパスしろ

っていってガンガン片手でとらせてます 笑


雨の日のほうがよくくっつきますね^^なぜか


IHFのセミナーの翻訳

日本協会の方がカタールで行われたIHFのシンポジウムに行っていたらしく、その講義の映像をここ1ヶ月ずっと翻訳してました^^3時間分ありましたからね なかなかハードでした

でもロンドンオリンピックの戦術分析だったので非常に興味深いことばかりで楽しかったです。


訳した資料は近々日本協会からリリースされると思いますのでみなさんようチェックしておいてくださいね



スポーツイベント11月号

発売しましたね^^買ってくれましたか??今回からちょっとギアを上げたつもりです^^ご感想お待ちしてます^^
なんかみんなフリーアームって言葉使ってますね!!うれしいやらちょっと恥ずかしいやら



日本のハンドボールのレベルをすこし上げたことは間違いないなと




スポーツイベント12月号

の原稿を今日書き終えました^^あとは校正をして完成です



最後に、最近僕の周りにコーチとして海外留学に行きたい子が増えてきています^^


みんな別に輝かしいキャリアの持ち主ではありません


今まではそんな事なかったかもしれませんが、このブログをきっかけに日本のノンキャリア層のコーチの人たちに変化が訪れているのかもしれません

みんな大学生だったり大学を卒業して1年目の子たちばかりです。

デンマークではなくて違う国に行って欲しいなーと思っています。



できる限りサポートしてあげようと思います

いやー日本ハンドボールの未来は明るいかもしれないですね^^

おまけ画像はルーマニアンビューティーズです


ほんとにビジンだなルーマニア人

ルー大柴のマニアの方々ではないですよ念のため

see you^^


qx4w6952.jpg
qx4w6893.jpg
qx4w6923.jpg
qx4w6928.jpg
qx4w6929.jpg
qx4w6945.jpg

ミケルのように

Yo Bros

今日は僕がメインでコーチしている中学校の育成事情を書こうと思います。


僕はずっとデンマークやセルビアのように日本のキッズを育成することができるのかどうなのかというのが謎でした

というか


日本に帰ってきてから試し始めたことなので謎で当然なのですが


金田一はじめでもコナン君でも、眠りの小五郎君でもこの謎はわからないと思います


ハンドボールの神さまだけが知っていることだと思います。



So


日本の育成事情を変えるというチャレンジをしてはや半年が経ちました。


結果ですね

1つ挙げるとすれば

「海外の人の投げ方は海外の人の筋力とか手の大きさがあるからできる」


というのは僕は違うと思えるようなものでした。


日本の育成事情が海外に追いついていなかったからそう見えてただけなんだと



マツヤニを使用することに対する理解とハンドボールの投げ方をしっかりと選手に伝えれば


中学生1,2年の子達は凄く投げ方がヨーロッパの強豪国のミニチュア版になりました。


日本人にもできると言うことをキッズが証明してくれました^^


そのなかで、上手な子はやはり家に帰ってユーチューブなり僕があげたDVDなりを繰り返し何回も何回も見てるらしいです。

彼らの頭の中にミケル・ハンセンという絶対的なイメージがあるから、練習しててもフリーアームを凄く意識してます。

ディフェンスも中学の割には荒々しいと思います。ハードヒット結構させてますからね

これもフランスのDVDなどから彼らが勝手にやってるものです(もちろん正面を意識はさせますが)

プロの選手に憧れる子達に、練習は各年代の育成段階にあわせて、次のカテゴリーやその次で必要になってくる技術や考え方、体力などを伝えています。




練習メニューはいたってシンプルです。

その分キッズのメンタリティに教育的な部分や自立的な部分を説く時間も十分確保できてます。

練習が終わった後の栄養補給もやってます。


今は勝てなくても(まぁ凄く弱くはないんですけどね)高校に上がったときに、愛知県を震撼させてやろう

を合言葉に、教えるのではなく、キッズに上手く考えさせるようにしてます。


時間はすごくかかりますが、

今彼らはハンドボールノートを自主的に何も言われなくても出してきますし

栄養補給も自主的に教官室の冷蔵庫に牛乳を入れに来て、練習後に自分で来ます。

「先生、今日くらいの雨なら練習できるんでやりましょう」

とか言って来ます

他校と練習試合があるとか公式戦とかがあると凄く喜んでます。


中学生ながら、1年前に始めたハンドボールを僕らはやりたいからやっているんだ

という事をしっかり自覚している子が多いです!!

こういう子がハンドボール界に増えれば、高校になってもゾンビみたいな子じゃなくて、人間的にもオープンな子に育つんじゃないかなと思いました。




まとめとして


育成が変われば、未来の日本ハンドボールは必ず変わると思いました^^


10年後のハンドボール選手を今共に育てていきましょう!

マジックマジャール

Yo Bros

奇跡の2日連続更新しとります。

ラ・マルセイエーズ・ヨシムです。


昨日は愛知教員の練習があったんですけど、人数が少なかったので試合ではなく練習をしました。

で、今月号のイベントに載ってたスペインの戦術教えてよ

っていう流れになってちょっと教えて


今日


たまたま教員チームのメンバーだった先生のチームと練習試合があったんですけどその先生は高校生に教えて試してました^^


やっぱ破壊力ありますよースペインの2005は

2,3点普通にもぎ取ってました^^


どうやってやるかを書きすぎると来月号の記事ネタがばれちゃうのでこの辺でおしまいにしますが


結構あたらしい世界戦術を日本の高校生がやる

っていうのは何かすごく新鮮でした^^


これもスポーツイベントさんが僕にチャンスを与えてくれたおかげだと思うと凄く感謝しております^^




そして瀧本ギャラクシーのブログを昨日ちらっとみたんですけど


彼はやってくれました^^


彼は立派に小宇宙(コスモ)を爆発させてブログを書いています 笑


ハンガリーのトレーニング事情を彼なりのペースでアップロードしているではありませんか


Hungary × Handball 銀河編

っていうタイトルです


なにやら冨樫義博の影響を受けたタイトルですがジャンプ黄金期と共に育った身として温かく受け入れようと思います。


ジャンプがスラムダンク ユウユウ白書 ドラゴンボール ダイの大冒険 キャプテン翼ワールドユース編 流浪人剣心 など、THWキール並みの選手層の厚さを誇っていたあのころが懐かしいですな

anyway

こうやって海外にコーチ留学にいった人が現地での練習とかを紹介するっていうのは凄くいいことだと人がやってるのをみて素直に思いました^^


デンマーク、ハンガリーときて次はどこになるか楽しみですね^^


ギャラクシーほどほどに頑張ってね^^海外生活はいちいち神経つかうだろうから

そして許可無く宣伝してごめん^^


怒って長期休載とかしないでね^^


タイトルは1960年代くらいに無敵を誇ったサッカーのハンガリー代表チームの愛称です

ちなみにヨハン・クライフがいたときの1974年らへんのオランダの愛称は「時計仕掛けのオレンジ」ですよー

バルセロナはブラウグラナ

マンチェスターUはレッドデヴィルズ

アーセナルはガナーズ















スペインの2005は


・・・・・・今日ヨシムって言われてました 笑



see you !!

コーチ留学をするなら 初級編

Yo bros

昨日無事に生誕28周年記念を迎えた男 ヨシムです。

セルビア、マケドニア、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、ハンガリー、ジャパンと色々な人からお祝いのメッセージを頂きました^^

マケドニアのやつとかユーロの会場で一緒にマ・ケ・ド・ニャって叫んだだけの仲なのにメッセージくれました^^

あ、さて

最近よくコーチ留学をどうやってやればいいかを聞かれるので


日本的にだいぶイカれたメンタリティさえあれば、単身乗り込んでって「俺ここでコーチしたいんだけど」って言えばまぁ何とか道は開けていけますが


日本人全員がそういう気質ではないので、


自分の経験も含めてどうやったら実際実りあるコーチ留学まで持ち込めるかっていうのを書いていこうかなと思います。

実際留学してみて、実は無駄な準備だったことや、なぜそこに気づかなかったんだってとことか、ここは改善の余地があるなとかを書こうかなと思います。

まずは初級編ということで

まいりましょう



①有限実行



「行くと決めたその日から1年か2年の間に絶対に行くんだという強い意志」

これが一番大切だと思います^^

留学って言うのは自分の人生において1度しかこない電車みたいなものだと思います。

1チャンス逃したら、その電車に駆け込み乗車でもなんでもいいから乗らなかったら、二度と行けないものだと思います。



だからコーチ留学するって決めたら早く行動に移していったほうがいいです。


かたいケツ

ではなく固い決意が必要です 笑





②「どこの国に行きたいかあるていど候補地をきめる」


僕は最初イヴァノがいるクロアチアにとてつもなく行きたかったです

しかし、英語圏ではない国にいって大丈夫か?という指摘を受けじゃあハンドボールの祖国デンマークにしようと
変更しました

でも、言葉は現地で生活して本気で学べば何とかなります。


英語圏とかあんま関係ないです。英語は今世界のほとんどで普通にしゃべられています。日本は完全圏外ですが





だから行きたい国に行ったほうがいいと思います。





②資金集め

自費で行くとなるとやはりお金が必要です!!僕はこの資金集めに2年を要しました。交通費、滞在費全部含めて200万貯めました。



③下見という大義名分を作って現地視察と言う名の観光旅行の計画をたてる



意外に大切だったのは、実際に行きたい国へ一回行ってみて、文化に触れたり、自分が海外の人とどれくらい話せるのかとか現地で言うコーチとは何をする人間なのかを知ったのが一番大きかったです。観光がてらって感じで全然かまわないと思います。



プレーヤーで行くならプレーを言葉代わりにできますが、コーチでいくとなるとどうしても話術が必要ですからね


外国の人と話すっていうのを知ることはとても大切だと思いました。



このくらいなら、軽い気持ちでしっかりとした目標をもって今から1年かけて十分準備できるんじゃないかなと思います。


私には人生を賭ける目標がある

だからお金を貯めなきゃ行けない理由がある

計画的に少しずつ物事を進めていかなければならない



ゆえに




暇をもてあます暇などないのだ

って

思って日々生きていたときのことを思い出すと



結構充実してましたよ^^


とりあえず今日はこの辺で^^

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。