にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Long Time No See BROS

YOOOOOOOOOOOOOOO BROS

お久しぶりです^^
夢追人とと書いてニートと読む男 ヨシムです

彷徨人と書いてニートと読む人も日本社会にはいると思いますが

ANYWAY!!!!!!!!!!!!!!!!!

僕が日本に帰ってきてはや4ヶ月が過ぎました。正直もうこのブログには何も書くまいと思っていたのですが、色々な方々からアツいメッセージをもらったりしていると考えさせられるもので

んーーーブログ再開かーと思ってAYコペン読み返していると


自分で言うのも何なんですがよくこんなブログ書けたなと思いました。

完成度が高すぎて仮にブログを再開させてもどう続編を書いていけばいいのかがわかりませんでした。

僕もうデンマークにいないし

というかコペンハーゲンじゃねーし

AG-COPENHAGENは経営破綻しちゃうし

いかんこのままでは続編書いても出来杉君のあとの野比 的な感じなってしまう


と思っていたら良いテーマが突然頭に降ってきたので、これなら書けるかもなーという根拠の無い手ごたえをかんじています。




まぁそんなこんなでまた書こうっていう意欲と、新しいテーマが決まりましたっていうのを復帰後のみんなへのメッセージにしたいと思います。

どんなテーマかは長くなってきたんでまた今度あたりにでもアツく書きます^^

下はおまけの日本に帰ってきてびっくりした事ランキングです^^




第3位

このブログがかなり有名だったこと(本当にそんなつもりじゃなくて少々感覚のズレにとまどってました)

高校生に「握手してください」

とか

中学生にも「ブログ読んでました。サインください」とか言われて

こりゃそろそろ本気でサインでも考えようかなと^^



第2位

日本食最高に美味い

みなさん、日本の料理が世界で一番おいしいです。これは断言できる

明太子ごはんを食べたときの感動・・・プライスレスでした
ひじき食べたとき
梅干食べたとき
納豆食べたとき
・・・・・
以下無限


第1位


なんとAYコペンがスポーツイベントハンドボール社さんの雑誌で連載することになりました。インディーズからメジャーデビューといったところでしょうか^^

まだ見ていない人、YOU MUST CHECK IT OUT as soon as possible!!!!!!


これもみなさんが読んでくださったおかげですね^^



ジャンプ的に言うと今にも連載が打ち切られそうなポジションにあります

ここから一気に巻頭カラー目指して頑張りますので、皆さんもファンレター書いてくださいね^^

タイトルになぜZがついているのかは・・・・・・・・・・もうおわかりですねぇ

古畑任三郎でした^^


SEE YOU
スポンサーサイト

新シリーズメインテーマ

Yo Bros

ブログの方が本人よりも有名になってしまっている男

ヨシムです^^


今日は次なるメインテーマは一体何なのか??

というところですね^^

フリーザ編の次は何なんだよ 鳥山

的な感じですね




おまちかねの

次なるテーマは


ズバリ

ドン

デンマークとかセルビアで感じた事を日本でどうやって生かしていくか
です^^

サッカーの本も最初は戦術が流行って、だんだん育成の本が増えてきていますよね^^

今一番熱いのはいかにしてよい選手を作るかっていうテーマだと思います^^


PISAっていう国際学力テスト によると、日本人は、知識を覚えたり暗記したりすることに関してはすごく能力が高いらしいです。しかし、その一方で覚えた知識を活用していく能力は低いらしいです


留学に行って得た知識や経験、哲学をどう日本人に対して使い、日本人に合うように調整していって、世界大会で活躍できる選手を育てていくか

という感じで書いていけたらな―って思います


なので、「指導に行ったチームでの練習内容や講習会でこんなことを伝えました」

みたいな感じで

戦術の教科書っていうよりは、僕はハンドボールっていうのはこんなスポーツだと思いますっていうのを書いていこうかなと


戦術の紹介などは  でやります^^


指導してる風景の写真とか選手と一緒にとった写真とかも許可がでたら掲載していこうと思います^^



日本全国どこでも行くんでみんなで日本ハンドボールの選手育成をがんばって行きましょう^^



今日はこの辺で seeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee you^^

ハンドボールスクール in 三好

Yo My Buddies

今日は先週やった三好(みよし)での小学生ハンドボールスクールのことを書こうと思います


中京の後輩の小山とその後輩の宮崎と僕と マスターヨーダの4人で小学校1年から6年までの系30人くらいをコーチしてきました^^


はてさて
デンマーク帰りのサムライはいったい子供達にどうアプローチしていったのか




僕はまず絶対練習をする前にハンドボールの映像を子供達にみせます!!

プロジェクターとパソコン持参で


なんでかっつーと、日本だと子供達の頭の中にハンドボールってこんな感じだろっていうイメージが無いから

デンマークだともちろんあるわけですよ 国技だしね^^


映像観て小山と宮崎が一番スゲースゲー言ってました 笑



ということでテンポよく10分くらい(これくらいが小学生相手だとぎりぎりの時間)アバロとかバリッチとかアニータ・ゴルビッツや良い投げ方などを具体的にモンスターどもの頭に入れたところで

で、



中盤は
小山君にバトンタッチ 笑


小山はデンマークの育成プログラムの8歳、7歳のプログラムをモンスターどもに指導してましたね^^


体育館は締め切ってて熱いんですが

どこと無くヨーロッパの香りがするハンドボールスクールです^^


トレーニングの最後はジャンプシュートのトレーニングをこんな感じでやりました(こっちは僕が担当)
trainingin in Miyoshi

選手はコーチにボールをパスしたら マットで前転とか後転してボールをもらってバー越えジャンプシュート
これもU-8くらいのトレーニングですね^^

この年齢の子達には絶対にやわらかいボールで教えます

さりげないボールハンドリングが大人と同じになるのと、重いボールでは投げるときに肘が上がってこないからです


あとバー越えが大切なんですよバー越えが(高さは10センチくらいですけどね^^)


であとはゲームしておしまい^^ジャンプシュートで得点したら2点ってルールにしました

このくらいの年齢だとロングパスしてはミスって感じであんま面白くないのですが、基本ほったらかしで

5歩歩いてもダブルドリブルでも、プレーをしようとしていたら見逃してます


でさりげなく後で子供に あれは反側になっちゃうんだよーってそっと教えてる感じですかね



終始褒めて終わっております!!





そして最後の集合で、やべっちFCのごとく技術の宿題をだして終わりです


宿題はスピンを掛けてボールを曲げるっていうテクニックです


このスピンには日本の未来がかかっていると僕は信じています

とまぁこんな感じだったかな^^

今週も頑張ろうと思います



ちなみに三好の子達はミケル・ハンセンのことを 「ミカン半分選手」とわけのわからないイメージで理解しています^^


「ミカン半分してーシュート」が「肘上げてフリーアームしてシュート」とおんなじ意味です 笑


んー想像力豊かだ^^


映像はこのまえ小学生に見せたスピンショットスペシャルです

see you

HCナゴヤ ジュニアチーム

Yo Bros

今日はこの前の日曜日にやったHCナゴヤのハンドボールスクールにくる男子中学生への指導を書こうと思います


中学1年~3年が15人くらいかな


まぁ春からずっとやっていたのでこの9月からのテーマは 

「OFのテクニックをクロアチア並みに、DFのテクニックをフランス並みに」


的な感じです



シュートはスピンシュート、ダブルアクセル、ピルエットシュート

キャッチは片手キャッチ

DFは接触して足でついていくのと、相手のスピンターンの止め方

パスは接触された状態でのパス

フェイントはルーレット、イサコビッチ、フスマン


あと最後にOFのクロスプレーをやってゲームして終わりです


やっぱ良い練習をすると勝手に練習でやったことを選手がゲームで使い始めますね^^

サッカーと同じで技の名前とかを知ると夢中になってやってますね^^


子供達が夜寝る前に、あぁ今日のハンドボールの練習はすごく興味をそそられてたのしかったなって思える練習ができたかなと




最後に
これらの技術はきっと中学生時代には完成しません。特にスピンと片手キャッチは




彼らが大学生になったときに今の大学生とは比べ物にならないくらいのテクニックと接触力を持っていて欲しいので

今は勝てないけれども、君達が大学生までハンドボールを続けていてくれたら、きっと中学生のときに勝てなかった子達よりもはるかに上手くなっているよ



懇々と説明しました!



九月はもうスクールは無いのですが10月に彼らがどれだけ上手くなっているか楽しみです^^





あとお知らせなのですが


9月22日土曜日に、愛知県東海市民体育館で午前中に知多地区(愛知県の知多半島地区ってこと)の高校生を対象にした講習会を開くことになりそうです(たぶん、いやかなりの確率で)


もし興味がありましたら是非^^


see you

マツヤニを大量に使うことについての理解

YO Bros

今日はBrother Tonkaraton からの質問で


マツヤニを大量に使うことについて、僕がどうやって選手にアプローチをしているか

ですが



ハンドボールとは何かという説明をちゃんとして

みせる動画は3つ

実演1回

ってかんじですかね


まずマツヤニを大量に手につけて転がらないボールでプレーするのがハンドボールだ



懇々と説明し

手っ取り早く上手くなりたかったらマツヤニは必需品だと



懇々と説明し


必殺の動画3連ちゃん

からの


僕自身がマツヤニをこれくらいつけるんだというのを実際に手につけて選手に見せます


あとは話術ですかね^^


女の子には「彼氏と別れそうなときには、彼氏の心にマツヤニつけておきなさい」

とか

男の子は割と「上手くなりたかったらマツヤニつけろ」

でいけるんですけど


まぁ適当に笑いを誘って


ナチュラルに片手キャッチとかができた瞬間


スーパーほめてあげると

徐々に選手も抵抗無くなっていってがっつりつけるようになりますよ^^


セレクト社のハーピクスだと匂いもいいし落ちやすいですしね^^


下は僕が選手にみせる動画集です

どれも結構ウケますよ^^






ハンドボールスクール in 三好 その2

YO Bros

今日は三好ハンドボールスクールでした



今日のちびっ子どもを四字熟語で表すと


狂喜乱舞



今日のスクール終了後のコーチ陣を3文字熟語で表すと


過労死 



とまぁモンペリエのDF並みに体張ってコーチングしてきました


モンペのDF並みにと聞いてピンとくる人が日本に何人いるかな??



ナチュラルに入れていきますよー高度な表現を帰ってきたヨシムは 笑


サッカーで言うとモウリーニョ時代のチェルシー張りのDFのハードさですよー


ドラゴンボールでいうとチャオズの頭並みのハードさですよー



チャイルドだろ~~~





ANYWAY



今日は1つ言葉を紹介しようと思います


それは

ダイレクトマッチング



これはEHFのトップコーチセミナーに行ったときに ウォルフガングっていう講師が言ってたんですけど


もともとは人は言語をどうやって学ぶかっていう分野の言葉で



ようは子供っていうのは最初はお母さんがしゃべるのを見て、聞いて、言葉を覚えていくのであり、字から覚えるのではないって言うことです




それと一緒のことをハンドボールでもやらなきゃダメだって彼は言ってました


実際デンマーク日本問わず、ちっちゃい子には言葉よりも視覚的に効果音とかもつけながらコーチングしたほうが


結構上手くいきます

だから僕はこのダイレクトマッチングを引き起こすために映像を使うんですよ^^

ダウンタウンのシュールな笑いではなく、ますだおかだの岡田的な芸風といったほうがジャパニーズにはわかりやすいでしょうか


いや、上島かな


しかしこのスタイルは著しくスタミナを消耗するという欠点がありますね 笑

By the way



そんなこんなで 今日もデンマーク育成系なメニューをやってゲームしました


ジャンプシュートが増えてきましたね^^


あと家でスピンショットの練習したいからボール貸して下さい


っていう子が増えてきました^^

んーいい傾向だ^^



皆さんも初心者にハンドボールを教えるときはダイレクトマッチング意識してみてくださいねー^^


おまけ映像は クライフの「私にとっていつもFWは最初のDFでありGKは最初のFWである」

を体現している男

ドクニッチのスーパープレー^^

彼はモンテネグロ出身

さすが旧ユーゴ


発想が豊かですね^^


今日はこの辺で


閉店ガラガラ


22日の講習会計画案

Yo Bros

ブログの秋ですね

ラ・ヨシムです




最近気づいたんですけど、この新シリーズになってからタイトルが地味というかパンチの効いたタイトルが書けないことに気づきました


派手好きの私としてはなんともしっくりこないのですが

まぁ良しとしますかね


Anyway

講習会のテーマですが、「パラレルアタックとクロスプレー」にしようかなと思います


僕がやる前の講習会で「1:1まではやったからその次になるものをよろしく」といわれたので


なにしようかなーと考えていて


なんかふとした瞬間に


クロアチア2004


という言葉が頭に振ってきました


もうこれしかないって思いました。


皆さんはいくつくらい試合を観た事がありますか??

自慢ではないですが私、1日3試合とか平気で観れます(レベルが高い試合に限る)

おそらく今までで数限りない試合を見てきて、大体試合内容を覚えてるんですよ

だから、どの試合で誰が凄くてとか、この子のプレーはノルウェーのあの子に似てるなーとか

みんなには言いませんが頭の中に結構試合の記憶が入っているんですよ


そして、今まで観てきた試合の中で、一番うまいパラレルアタックを繰り出したのはどのチームかと聞かれたら


間違いなく

2004年アテネオリンピックの準々決勝でのギリシャを相手にしたときのクロアチア

と断言できます


なんていうんですかね、「美しくなければサッカーではない」と言ったクライフの気持ちがわかるというか


皆さんバルサのするサッカーを美しいと思うじゃないですか!!

あの感覚です


「美しくなければ、ハンドボールではない」ってバリッチが言うんじゃないかって思うくらい僕のなかでは

うっとりしてしまうパラレルアタックでした


2004年のクロアチアはサッカーでいう1974年のオランダのような感じなのではないかなと思います

時代を超えて愛されるチームなのではないかなと


別にパラレルアタックだけじゃなくてこのときのクロアチアはすべてがものすごいクオリティです

準々決勝も準決勝も決勝も



それはなぜだと思いますか???




なぜなら僕の知る限り唯一このアテネのときのみ


クロアチアが走力を前面に押し出してプレーしているからです

走るクロアチアなんです


あのバリッチが1試合通してガンガン走ります




みなさんはトータルハンドボールってなんだと思いますか??


サッカーにあるトータルフットボールっていう言葉



ハンドボールで無理やり作ったとき



僕はクロアチア2004だと思います


映像は僕があこがれたクロアチア2004と

もう1つ2011年のクロアチアのパラレルアタックです

Viva Total Handball



指導者としての実力

Yo Bros

皆さんは指導者の実力というのを考えたことがありますか??

果たして自分は指導者としてどれくらいの位置にいるんだろうか?

とか、自分の顧問の先生は指導者としてどれくらいの実力なんだろうか?

とかそんな感じです。


日本人の指導者の方々・・・「殴る蹴る罵る放置する」を禁止されたとき、どれだけの実力を選手に対して発揮できますか??

おまけに日本語も使えないときたら

おまけに文化が日本とも違っていて、選手がやる気にならないのはコーチの実力不足っていうお国柄だったら?

時間にきっちりしないのが当然の国だったら?


そう、海外で指導するって言うのはそういうことです^^


そんなところに一人のGUYが旅立ちました

G U Y ですからねー G A Yではありませんからねー 日本人の皆さん

I am a guy. って言ったら、 I know as I see you って感じで「みりゃわかるわ」って言われますが

I am a gay って言ってしまったら Oh You are!! But It's OK 「そうなんだね、でもOKさ」って言われますよきっと 笑

ANYWAY

彼の名は銀河(本名)なんともギャラクシーな名前^^

場所は メカル・オニアクマ・アツシのいるハンガリー

コーチの勉強をしにフライアウェイしていきました


無事到着した


のかはしりませんが無事であることを祈っています

いやーいいですねーコーチ留学に身近な人間が行くと

日本のハンドボールも進化してるなって気になります



僕はよく指導している子をオシムチルドレンならぬヨシムチルドレンって呼んだり呼ばれたりですが

銀河君の教え子は エル・ギャラクティコ


銀河系軍団って呼ばれそうですね^^


メカル君、間違えたオニアクマ君、彼にブログやるように伝えてやってくれ!!きっと彼を見て海外に行きたい子が現れるはず^^


ANYWAY


フスマンフェイント

という技術ですが

動画の1:57くらいのやつです


利き手側にステップシュートモーションを掛けて、非利き手側にドリブルをついて突破するものです

フスマンって言うのはデンマーク語で 英語に直すと House Man となります

まぁたぶんよくそれを使っていた人の名前でしょうが

日本には無い技術(使ってる人は野生的に身に着けたものかと)ですね


面白いことに日本には無い技術を練習さすと、中学生から大人まで全員最初はまったくできません^^

で、最初にでき始めるのは年齢が低い順です!!



僕の中で色々な技術を教えるなら小学校高学年から中学までっていう意味をより実感させてくれたフェイントです

皆さんもトライしてみてくださいねー


see you

あ、ギャラクシーをアポなしで載せちゃった!!ま、いっか sorry my friend. Go for it!!

講習会 in 知多 その1

Yo Bros

知多地区の講習会に行ってきました。

メインテーマはパラレルアタックでしたが

そこまでいくまでに色々ちょっとした小技を入れていった感じでした。



僕は日本に帰ってきて、色々な学校の練習をみたり、講習会を開いてきました


そこでいつも思うのが


日本のハンドボール部の中学生、高校生の子達の思考回路についてです


シャイとは違う意味なのですが



なんていうんですかね、言い方はすごく悪いのを承知で言わさせていただくと

ゾンビみたいな子がすごい多いんですよね


頭と心を持っていないでただハンドボール部員として練習に参加しているって感じの子が日本には凄く多いと思います


自分がハンドボールをやっていて
海外のスーパープレーを映像で見ても    無表情


ほめられても          無表情


ゴールを決めても      無表情


怒られても すいませんと機械的に言って終わり


スポーツしてたら声なんて自然にでるでしょってこともなく

声を義務的に出すような感じ


こんな感じの子が日本にはかなりの割合でいると思います。


一番困るのが、「次やるメニューが理解できたか?」と聞いても 無表情でなにも答えない


って言うパターン 笑


知多の子達も大半がそんな感じでした

ちょっと例をだすと

僕は育成段階の小中高のウォーミングアップこそ一番最初にやりかたを変えなければならないメニューだと思っています

なので大体


図の上半面のコートように先頭の人がやることを真似するウォーミングアップを日本だと強制的にやらせます


とっさに自分の考えを表現する事を求められるからです

Training in Chita 2



「コートをはみ出てもいいし、何を取り入れてもいいから自分の思いついたことをやってごらん

笛が鳴ったら先頭の人をチェンジしよう

、前の人と同じネタはダメです

はいよーいドン はじめ!!」




って言われたら貴方は何をどうしますか??



日本人の子達は、誰が最初に先頭をやるかじゃんけんを始めます 笑


みんなどうせやるのに、さいしょの先頭って言うのがいやだから、恥ずかしいからジャンケンしちゃうんですよ


そして、日本人の子達が思いつくアイデアってどんなものだと思いますか??



大体コートの中から出ずに、しかも直線的に往復するだけです(その中でフットワークなどをやったりしてますが)



ボールゲームはとっさにどれだけのアイデアを持てるかっていう部分が大きなウエイトを占めていると思います。


「人前で自分のアイデアを表現する」ということを求められたとき、日本人の中高生のその質は本当に低いです



自分の順番が次にくるってわかっているのに、自分の順番になったら思考停止状態になっちゃう子もたくさんいます



デンマークではそんなこと絶対ありえませんでした。セルビアでもきっとありえないでしょう


結局のところ、日本の中高の子達の多くは、スポーツとは何かをしらずにハンドボールをやっているんだと思います


指導者の皆さんも是非一度このウォーミングアップをさせてみてください

日本社会がそこに反映されてますよ^^


考えれる子、自分のアイデアを表現できる子を育てることは、日本社会を育てることにもつながっていると思います^^

とりあえずパート1終了

パート2に続く

講習会 in 知多 その2

パート1の日本の中高生の思考回路の続編ですが


Training in Chita 2

図の下半分のコートのように

反面の3:2をしたときに


センターのポジションにだれもいない状況がおこりました


おそらく初めてこの練習をした子もいたでしょう

初めて僕に教えられて

何もかもが初めてづくしだったことは事実ですが



サイドのポジションにはたくさんの選手がいます



これでは3:2の練習ができませんね


この状況で



日本の子達は大体、練習がストップしてしまいます


そしてストップし続けたまんまです 笑


お前らは神がセンタープレーヤーを創り上げるまで待っているんかい って

いうくらい誰も動かず自分が今たっている場所から動かず、解決策も考えず



ただいるだけの状態になってしまう子たちが結構います





バックプレーヤーからサイドへのパスも、自分で色々なパスを考えてやってみよう

といっても


ずっと同じパスしかしないんです日本人の大半は


どの練習を見ても練習のレベルが凄く低いと感じてしまいます


メニューが悪いっていうのではなく、ハンドボールをやっている人間がまったくスポーツの本質というかボールゲームの本質を理解しておらず、その本質からかなり遠いところでハンドボールをしている

ってことです


日本人の中高生のほとんどは考えることを放棄しています

おもいついた事をやってみるということを放棄しています

なにかにおびえ

ただ単にボールを投げているに過ぎません


海外から帰ってきて一番衝撃だったことは

日本のハンドボールというのはハンドボールというかスポーツではなく

苦行のような位置づけになってしまっていると言うことです


指導者の人たちと話しても、いまだに「あの子とか2,3発ぶったたけばもっと上手くなると思うんだけどな」

と言う人にも会います


それはもはやスポーツじゃなくて

人って言う動物にハンドボールっていう芸をさせるための調教です。



人を人として扱っていないです


僕達日本人ハンドボーラーはハンドボールをスポーツとして扱うことから再スタートしなきゃならないんだなと

そういう練習が今一番必要なんだなと

胸のうちでは思っています

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。