にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとテスト


[広告 ] VPS



みなさん観れます??


ちなみにデンマークの何歳の子たちでしょう??
スポンサーサイト

育成方法

今日から第2クール行きましょう


最初に戻って

サッカーとハンドボール

今回は育成の仕方について

ざっくりいきたいと思います


「サッカー選手になりたかったら、何歳までにサッカーを始めていないといけない」
こんな言葉がサッカー界にあります



これ

恐ろしい言葉だと思いませんか


サッカーができるようになるには別に何歳で初めてもかまわないけど

サッカー選手になりたかったら、年齢制限が実はある



何歳だと思いますか??








実は8~9歳

これを過ぎるとアウトらしいです




極限のプレッシャーのかかった場面で(たとえばワールドカップ決勝)出る技術っていうのは

子供のころに身に付けた技術であり、どんなに大人になって高度な技術を身につけても大事な場面ではそれがでないらしいです


サッカーの育成方法はこの6歳~12歳までの間にテクニックをほぼ完璧にまで身につけさせるのが一般的です


だから12歳の子供のサッカーはテクニックだけなら大人と変わらないそうです

バルサの関係者はイニエスタは昔からイニエスタだった

メッシも昔からメッシだった

と言っており

プレースタイルの構築は小学生の段階で終わってしまうのです


このようなプロセスを指導者の誰もが知っており、良い結果を出した指導者ではなく、良い選手を輩出した指導者が評価されるのが一般的な海外の育成方法




サッカー王国ブラジルでは全国小学校大会はやらないんですって


理由は指導者が勝ちに走って 結果10年後に良い選手が育たないからだそうです


ハンドボールでは育成で成功した国といえばポーランドやフランスが有名でしょうか


ポーランドは10年前くらいまではちっとも強豪ではなかったのですが

相当ジュニア育成に力をいれていまや世界Aランク入りをしています

ビエレツキ
スズマル
トカチャク
ユラシク

などの選手が第一期黄金期です


フランスもはるか昔は日本よりも弱かったって知ってましたか??

それを死に物狂いで育成を行った結果今や不動の世界ナンバー1です

フランスの中学生の公式戦などは特別ルールがあり、最初の20分はオールコートマンツー
とかコートプレーヤーには最低2人の左利きがいて、そのうち1人は180センチ以上

などの育成特別ルールがあるんです(2009コーチシンポでもらった資料より)

若手で言うと

アカンブレイ
バラシェ

などが次世代を担う逸材でしょうか



デンマークでは女子のナショナル監督が普通に6歳くらいの子たちを育成プログラムに沿って教えてます

あの怪物ミケル・ハンセンを育てたのは1人の指導者ではなく

デンマークという国そのものです

日本のサッカーはかなりこの育成で成功してきていると思います

日本のハンドボールも、まず海外の真似をするならこういった根本的な部分を徹底的に真似する事が大切ではないのかと思います


韓国を倒す種は10年前に植えられたものだと実感し

自分のチームという枠を超えて

すべては10年後の良い選手を育てるために

あなたは6歳の子にハンドボールのABCをきちんと教えることができますか??


OFフォーメーションとDFフォーメーション

サッカーだと

例えばあるチームのフォーメーションが3-4-3だったらOF DFの区別なく、常に3-4-3表記で試合は解説されていきます


しかしハンドボールだとOFとDFでそれぞれ基本フォーメーションを持っているので


OFだと3-3

DFだと5-1


というような表記になります


サッカーを知っている人は3-4-3っていう表記でどっちの3がFWを表してるか一発でわかると思います


ではハンドボールを知っている人は3-3OFのどっちの3がバックプレーヤー陣か一発でわかるか



というと多分わからない人が多いのではないかと思います

どっちでもいいやん

って思うかも知れませんが

サッカー表記でどっちでもいいやん

って言ったら

確実に馬鹿にされます(こいつサッカー知らないなって)


ハンドボールもそうなってほしいじゃないですか



ハンドボーラーがよく間違えるのは

1-5DF



5-1DF


formation1_convert_20110718132407.png




この辺を間違える時点でサッカーに負けてます(と僕は思います)



ハンドボールの表記を一発でわかるようにするには





サッカーっぽくくっつけちゃったらわかりやすいです



5-1-3-3


だと
formation2_convert_20110718132426.png


5:1DFから3:3OFのフォーメーションって感じですごくわかりやすいし


左から右にきちんと順序良く並んでいます

どっちの3がバックプレーヤー陣か一目瞭然ですよね

さらに

ちょっとかっこいい響きになった気が



サッカーのフォーメーション表記はサッカーだけではなくハンドボールでも観ている人にとてもわかりやすく伝わるマジックワードですね


映像はブラジルのちょっとしたCM

こんな感じでハンドボールを扱いたいです

OFフォーメーションとDFフォーメーション2

今回はハンドボール化しているサッカーの話を


サッカーでも今やボールを獲得したらどんどん相手コート内に人数をかけるという現象が多くおこっている現在


DFでは4バックだけどOFになると2バックになるという感じで、攻守で異なるフォーメーションを持つチームが増えてきているらしいです


最近だと

香川のドルトムントなどは中盤の人数やポジショニングを攻守で使い分けているとナンバーに書いてありました


この辺も1つの「ハンドボール化するサッカー」なのではないかなと思います




ちなみに、ハンドボールでは1チームが攻守で持つフォーメーションはサッカーよりも多いです


1995年のアイスランド世界選手権決勝ではクロアチアは1試合を通して6つのDFフォーメーションを使い分けます


結果リシャーソン率いるフランスが勝つのですが


その時日本は全敗


今や欧州列強のどの試合を見ても、1試合で1つのDFフォーメーションしかやらないチームはほぼ存在しません


まだ日本では1つのDFフォーメーションで1試合を通すチームが多いですが


複数のDFフォーメーションを持つことはハンドボールではもう15年前にワールドスタンダードになっています






この先サッカーももしかしたら1試合の中で複数のDFフォーメーションを持つチームが多く現れるようになるかもしれません


ハンドボールではこの事を

Flexible DF と呼び

フレキシブルの意味は順応性なので


相手に対して常に順応していくDFということになります


日本では
柔軟なDF構想と呼ばれてます


こうやってみると、6:0DFも満足にできないのに、何が5:1やりたいだ



っていう1つ1つを完璧にこなさないと先へ進まない日本の論理


ゲームなんだから、相手のリズムを崩すことが重要で、相手をびっくりさせてミスを誘うのだ


という風に常に自分たちが有利になるように駆け引きを持ち出してくる欧州の論理

が見えてきますね


スポーツの世界では日本社会ではNOだったことがYESになったりするのかもしれません

ウィングバックの運動量

今回のハンドボール化するサッカーのテーマは今や日本サッカーの代名詞ともなっているウイングバックの選手達

長友

内田

のポジション

ウイングバック


彼らの何が評価されているのか


それはロングランができる走力

一般的にサッカーというのはサイドエリアは2人の選手が配置されています

wingback2_convert_20110719141643.png

一世を風靡した4-2-3-1でも基本的には2人がサイドエリアを担当しています


しかしロベルト・カルロスのようにロングランができる選手が現れ始めると

一人でサイドエリアを担当することが可能となってきます

wingback1_convert_20110719141608.png

ゆえにウイングバックの選手がウイングハーフの選手を追い抜いていく現象が多く起こってきます



ブラジルだとシシーニョという選手がよくやってたりしましたが

このウイングバックのオーバーラップを頻繁に繰り返すチームが



アーセナル


だからベンゲル監督は破格の運動量と瞬発力を誇るアフリカ系の選手をウイングバックに配置させています


積極果敢に相手ゴール前に攻め上がっていき、ボールを奪われたら70mくらいダッシュして帰る

これを意外と日本人もできるから長友や内田も世界の舞台で活躍できるのでしょう


サッカーでは攻撃的な選手と称賛をうけたりもします



そしてこの1人でサイドエリアを担当する


というのは


ハンドボールではセオリーなのです

winguback3_convert_20110719141713.png


コートが狭いという理由もありますが

ハンドボールのウィングプレーヤーも相当なダッシュの反復を繰り返します

確か1試合4.5キロメートルくらいだった気が


つまりハンドボールのように自陣を空けてでも相手陣内に攻め上がっていくプレーというのは


サッカー的観点からするとものすごく攻撃的なプレーになるわけです


ゴール前にべったり張り付いているDFだけをみると守備的かもしれませんが

ボールを保持しているときは全員が相手コートへと攻め上がるという行為は


バルサを超える超攻撃的活動と言っても過言ではない




じゃあ逆にハンドボールのウイングは黒人系ではないのか??と思うサッカーファンの人もいるはず



お答えしましょう



います



とてつもないのが



完全に異次元の身体能力をもつ奴が



フランスに(クラブではスペインのシウダー・レアル)




そう



おそらく瞬発力系身体能力世界選手権があったら優勝するだろう男

リュック・アバロ


そのうちサッカーでもサイドエリアを1人が担当することが


ハンドボールでも黒人系の選手がウイングを担当することが


セオリーになっていくかもしれませんね


これがロベルト・カルロスです

7人制サッカー

欧州のサッカー選手育成論でいまなのが


少人数、小さいコートでやる


7人制サッカー


理由は、小学生などのジュニアには11人でフルコートという環境設定が、複雑すぎること

ボールタッチの回数が少なくなってしまうこと
らしいです



あれあれあれあれ7人??


どこかのマイナースポーツと同じじゃないですか


しかもフォーメーションも

7men+football_convert_20110719185226.png


あれあれあれあれ


ハンドボールでいう3:2:1DF

まぁもちろんこれ1つではないですが


バルセロナはこの7人制サッカーをジュニアでは主にやらせており

スペインでも小学生の大会はこの7人制サッカーが主流になっているそうです


まさにハンドボールの人数やフォーメーションでサッカーをしているのです


ブラジルやアルゼンチンなどの南米では

サッカーをする前の段階でフットサルをやっている選手が多いようです

ロナウジーニョやメッシなどの狭いエリアでのボールキープ力はそこで培われたのかもしれません


わが永遠のアイドル ジダンはストリートサッカー出身者です




ちなみにハンドボールにもミニハンドボールという大人のハンドボールの縮小版があります


デンマークの体育館に行くと このミニハンドボールのコートのラインが色分けされて引かれてます

そしてデンマークではストリートハドボールなるものを開発して普及にあたっているそうです

ビーチだろうが体育館だろうがストリートだろうがハンドボールだよ


って感じでどんどんサッカー化してますよね育成というかすそ野の広げ方というか




ようやく日本のサッカー界も少人数サッカーに着手し始めたようですが


日本のハンドボールは…

人数やコートの広さの観点から

バスケットボール化するハンドボール


フットサル化するハンドボール

というように親戚のスポーツを取り入れていかなければならないのかもしれません

センタリング

ハンドボールをやっている人がサッカーを観ると

なんでセンタリングをするんだろう

ってきっと思うと思います


一か八かのギャンブルプレーに思えて仕方ないと思います

センタリングじゃなくて、せっかくサイドエリアの深い位置でボールを持ってるんだからそこから相手ゴール前までつないでいけばいいじゃないか

とハンドボールをしている人は思います たぶん



コーナーキックでゴール前にけりこむのもあまり理解ができないのではないかと思います


意表をついて、ならわかるけど毎回毎回けりこんだら相手にばれちゃうでしょって思うと思います



でもサッカーをしている人はそうとは思わずセンタリングをします。それがサッカーだから
とでもいわんばかりに




センタリングパスはDFをボールウォッチャーにさせやすいという利点を持っています、


しかし、



バルセロナは違います


サイドエリアの深い位置でボールを持っていても、あまりセンタリングを上げずにショートパス主体で

切り崩そうとします


ここでバルササッカーの創造主、クライフの名言が生きてくるのですが、


すぐれたプレーヤーはペナルティエリア内でラストパスを出す


というように、彼らはセンタリングよりも、ボールを大切に扱ってテクニックで切り崩していく選択をとります


このセンタリングをあまりあげないサッカーも一つのハンドボール化したサッカーなのかもしれません




ちなみにハンドボールのセンタリングは

エリアを横切るパスという名前でワールドハンドボールタクティクスに紹介されてました

1988年にはすでに使用されており、サッカーと違い意表をつくパスとして存在しています

センタリングからのジャンピングヘディングシュート

的なハンドボールのプレーは

スカイプレーという呼び名で呼ばれています


ドイツ語でケンパトリック


フランス語でKANG-FUだからカンフーと読むのかな??

バスケットボールで言うアリウープですね

1試合で3,4つくらい観られるでしょうか

ハンドボールではあまり見られないセンタリング






もしかしたらサッカーのセンタリングから逆にハンドボールが学ぶ事が多くあるのかもしれません

お知らせ

おそらく7月30日~8月15日くらいまで



僕はインターネットを使えない状況に身を置くことになると思います



しかし、このブログは


週刊少年ジャンプのごとく先に先に書きためてあるので



その間


途切れることはありません

でもクオリティはあまりかもしれません





そしてなにより辛いのがみなさんからの熱いコメントに熱く返すのができなくなってしまいます



8月15日以降、必ず返信しますので


変わらぬコメントをよろしくお願いします




実はこれからデンマークに行くので(僕の中でこの1カ月のブログはメインテーマに突入するプロローグ的な位置づけでした)



根こそぎデンマークからハンドボール情報奪ってきます


帰ってきたら必ず日本にばらまきます





あぁ




一番の心残りは



ハンターハンターとキングダムの続きが見れないこと




デンマークに少年ジャンプとヤンジャンが売ってることを祈る




いってきます☆

フリーエリア

美人ハンドボーラー リン・スーラン(ノルウェー代表右バック)
フリーエリア
フリーエリア
You need to upgrade your Flash Player.

プロフィール

La Yoshim

Author:La Yoshim
 みなさんこんにちは。私はサッカーをこよなく愛するハンドボール指導者です。

最新記事
miniTube
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

すごい参考になりました

06/06 06:21 Sasa

5月31日/6月1日東京開催のほうの告知してくださいよ〜^^

05/10 11:14 やまもつ

申込用紙や開催要項などに目を通しました。
指導員及びレフェリー資格を持ってない場合でも参加できるのでしょうか?

05/10 00:44 ふぉん

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水

02/25 14:51 ポスティング

有料でも欲しいです

01/29 16:47 すやまのぶゆき

今年も参加させて頂きます!
楽しみにしてます。

01/27 10:41 のぶ

ずいぶんごぶさたしております。
覚えておられるでしょうか?(^^;;
稲沢の試合後には選手ではなくてコーチにサインを求めた私です(笑)
ブログいつも楽しく拝見してい

01/25 02:21 こりし
フリーエリア
Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
リンク
自動RSS表示機能付きリンク2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。